smILE 

December 15 [Thu], 2005, 20:16
貴方が一瞬でも

私を愛してくれたなら
それなら、
それでいいの

だから、もう
離してあげる


きっともう貴方の笑顔が私に向けられる事はなくて。

大好きだったの

貴方の笑顔が、大好き
何でも許せた

操られてるような感覚で
其れに溺れていった
いつまでも隣で笑ってくれるって思ってた

疑うこともなく、明日を、明後日を、未来を
そばにいて、待つだけと

優しく笑う貴方の顔
記憶から、早く、消して

泣いてしまいそうになるから


もっと早く忘れたい

気持ち 

November 12 [Sat], 2005, 14:31
月もない夜空に

仰いで訊ねた

アナタは今何を思ってるの?

答えは返ってくるはずもなく

暗黙の其れを見上げ続けた


アナタは何を想ってるの?


怖くて、一生訊けない




私は、ずっと
アナタを想っているのに

OnLy 

November 12 [Sat], 2005, 14:23
ほら、

ふと気づけば

心の中にキミがいる

無意識のうちに
ココロの奥底まで入り込んで
キモチをかき回す

キミじゃないとだめなんだ
キミしかいないんだ

私のココロを充たせるのは

だいすきなんだ
だいすき

キミだけを.....



キラキラ 

November 12 [Sat], 2005, 14:10

空を見上げた

夜空

暗い闇の中に

キラキラ
輝くいくつかの星

二つ仲良さげに並ぶ星を見て

心が熱くなった

瞬きが、できない
感情が溢れて

羨ましく、想った

このまま、離れないで
ずっと
ずっと
キミと一緒に。。。。。

missing... 

November 12 [Sat], 2005, 13:59
寂しさも

声にしたら形を持ってしまいそうで
怖かった

其れは

他の何でも埋める事は出来なくて

想いは溢れるばかりで

他の何かに縋るのは嫌で

アナタはアナタしかいないから

他の何にも代えがたい

だから、

寂しさはアナタにしか埋められない、から


想いが

流れ出ても
とどまるところを知らず



溢れ狂う気持ちに
戸惑いさえ感じて





幸せ?




問いの答えを巧く埋めれなくて
アナタのおかげで幸せだと

心からそう思えたのに



でもね










私を一番幸せに出来る人は私を地獄にも突き落とすことが出来る、から

キレイに 

August 02 [Tue], 2005, 15:04
いつも決まって不安感が押し寄せてくる

私のココロが貴方に依存しているせいだ

此の
依存心が不安感を生んでる

不安感の所為で

いつも怯えていた
意味もなく怯えた瞳

誰かに何かを見透かされるのが怖くて

多分、意味はない

その依存心故の不安感と臆病さ



ベッドにつくのが怖い

貴方の事の他に
考える事がないから

貴方の事しか考えられなくなるから

その一瞬一瞬が怖い

慌しく息をして
目を見開いて

貴方の事を考えないようにと、必死で。

いつも思うは
回想

過去の事を思い出して

いつも

いつも

あの刻に戻れればと

非現実的な事を考えて、願って祈って。

無理を感じて
当たり前だけど

そういう非現実的な事に縋ろうとしてしまって

後々馬鹿げてるって気付いて

泣いて

鳴いて

濡れた頬とシーツが気持ち悪くて

涙を拭っても溢れてくるから無駄だって気付いた


いつも想うは
貴方の事

此れ以上傷つきたくないと
心が軋んで泣いてる

キレイなままでいたいと

もう此処まで廃れてしまったけれど

考える度辛くなる
苦しくなる

でもそれは

好きだからでしょう?

そう考えたら

素敵、だと
思えるようになった


嘘、
多分綺麗事

ごめんなさい、もう

辛いとしか思えないよ。。。。


ナツノマホウ 

August 02 [Tue], 2005, 14:56

夢は短すぎた


魔法は解けてしまった



いつのまにか

私にかけられていた


甘い魔法

解き放つは
貴方

貴方にしかこの魔法は解けない

容易く
解放されて

現実突き付けられて

でもまだ
受け入れられなくて

風も

何もかも
見渡す限り

貴方を想っていた
あの日の色。

未だに
夢見心地

そろそろ覚めなくっちゃ

還って来なくっちゃ

こっちの世界に

現実に



覚めることを拒んで貴方の傍にい続けたいと願うことは

許されない?

trust in ... 

July 27 [Wed], 2005, 20:23
もともと
期待も依存もしなければ
傷付かずに済むのに


信じてるから
このカタチが成り立ってる訳で

私や
貴方の
気持ち一つで
すぐガラガラと崩れていくそんな、関係

自分の事さえ
よくわからない私なのに

貴方の事
理解しようとしても

全然出来なくて

大好きなのに

わかってあげられなくて

支えにはなれなくて


私はきっと



貴方には必要とされなくて。


ユメ、夢 

July 27 [Wed], 2005, 20:19
眠りにつく前
貴方の事考えて
夢で貴方に会って
目が覚めて
夢の余韻に浸って
それが夢だという事に
やっと、気付いて
深く絶望したり
安心したり

だから

眠りにつくのが怖い

眠りにつく前も
その瞬間も
目が覚めた時も

すべてが貴方

夢を見られるなら
夢で会えるなら

その時だけでも

愛の詞を伝えられるのなら
私は
其の夢から覚めることを
拒んで

貴方を其の夢の中に
閉じ込めてしまいたいと
思うだなんて


ココロに。。。 

July 27 [Wed], 2005, 20:16
あの日から生きている感じがしない

一瞬たりとも
貴方の事を考えないで
過ごした刻はない、と

私が
私じゃなくて
私の心の中は
貴方で充たされてる

私がわからない
私の存在意義

貴方が居るから
貴方が要るから

私は此処に居たくて
     要たくて
     痛い

この気持ちは
私だけのもの

私のナカノアナタ…

閉じ込めて

私だけ…

の。






現実に戻りたくなくて

現実逃避

こっちの世界では

貴方は
すぐそば

キョリもココロも

だから
この暗黙の世界から
一生抜け出せなくなれば
いいのに


現実に戻ると…

貴方は何処

先の見えない迷路に一人閉じ込められたようで

貴方は
私の瞳に映るのに
触れることは
出来なくて許されなくて

キョリだけは近くて

ココロは遠い

生きている感じがしない

貴方がいない
貴方がいないから

ココロもちょうだい


2005年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xcandypopxx
読者になる
Yapme!一覧
読者になる