変形性膝関節症の予防や悪化に有効な成分の特徴

October 27 [Tue], 2015, 12:18
変形性膝関節症は関節を保護する軟骨がすり減ることにより、痛みが起こるようになります。そして、ひどくなると歩くのが困難になる場合もあります。軟骨成分を補給することができたり、軟骨のすり減りを防ぐことができる成分があります。また変形性膝関節症になり、痛みを生じた場合の緩和をすることができる成分があります。これらの成分をサプリメントで積極的に補うことで膝関節を守ることができます。一般的に膝を守るためによく知られている成分がグルコサミンとコンドロイチン硫酸です。これらの成分は、軟骨のすり減りを防いだり、軟骨の分解を抑えたりする働きがあります。さらに抗炎症作用により痛みを緩和することができます。その他にも積極的に補いたい成分が、U型コラーゲンやルテインです。コラーゲンは美容成分としても知られていますが、皮膚に含まれているT型とはことなり、U型は関節軟骨に含まれている成分です。そしてルテインは、グルコサミンと同じように関節の炎症を和らげる働きがあります。これらには相互作用をすることで膝関節を守ることが分かっています。例えば、グルコサミンはU型コラーゲンの分解を抑える働きがあるなどです。サプリメントには、このような成分を同時に摂取することで効率良く作用することができます。そして変形性膝関節症の予防や悪化を防ぐことができます。さばDHAEPA
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:だんきちxcaamk6t
読者になる
2015年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/xcaamk6t/index1_0.rdf