看護師が転職を考えるとき

October 23 [Sun], 2016, 15:55



キャリアアップを目指して転職を考える看護師も少なくありません。





スキルを高めることで、収入を増やすこともできるでしょう。





看護師のシゴトは職場次第で変わってくるため、自分に合う職場を探してみることは重要です。





内科の外来が合うと思える人もいれば、特別養護老人ホームがピッタリだという人もいるので、前向きに転職していくのもいいかも知れませんね。





看護師の転職の技としては、次の職場を探しておいてからやめるようにした方がいいでしょう。





それに、3ヶ月ぐらいは使って念入りに確認しながら次の職場を見つけましょう。





焦った状態で次のシゴトに就くと、次の職場でもすぐに辞めざるを得なくなりかねないので、自分の希望に合うシゴトを注意深く確認し捜すようにしましょう。





以上から、自らの希望の条件を分かりやすくしておくことが必要ですね。





高校進学の際に衛生看護科で勉強を始めると、他のやり方と比べて早く国家試験の受験資格を得られるため、一番早く、看護師の資格を得ることが出来るでしょう。





しかし、途中で違う進路を考えだしても変更は困難です。





それに、最低で5年あれば試験を受けることができますが、期間が短いことが理由で勉強時間や実習をする時間が足りずに簡単には試験に合格できないという面もあるみたいです。





当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長時間の勤務となっているので、勤務中の仮眠が取れます。





国の指針により月に8回までと定められていますが、それ以上になってしまうことも多いです。





病院における看護師の勤務形態によっては、とても不規則な生活を送るようになったり、疲れが抜けにくかったりするのも、離職する看護師が多い理由のひとつだと思われます。





一般的に看護師が転職する要因は、人間関係という人が大変多いです。





女性がたくさんいる職場ですし、ストレスが多くあることもあって、人間関係を面倒と感じる人がかなりの数いるでしょう。





その中には、パワハラ・いじめが転職する動機となってしまう人もいます。





厳しい環境の中で無理して働いていると、体を悪くしてしまうので、できるだけ早く転職すべきです。





看護職の人がジョブチェンジする動機としては、ステップアップと説明するのが良策です。





以前の上司や同僚ととそりが合わなかったとか、不利な条件で働いていた等々、デメリットがきっかけだと先方に伝わると、わざわざ株を下げることになります。





たとえ本音が沿うだとしてもストレートに伝えることはないですから、未来志向であることを印象付ける志望理由を述べるようにして下さい。





看護師の勤務形態というものは、他の職種と比較すると特殊な体制であり、勤め先によっても違ってきます。





体制は一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっている場合が多いでしょう。





2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、3交代制を取り入れている病院が多いです。





でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。





看護師の転職で失敗しないためには、未来のことを考え、早めに行動することが重要です。





また、どんな点を重視するのかを決めておくことを御勧めします。





将来の自分をはっきり想像して、そのビジョンに合致した転職先の情報を集めて頂戴。
旦那 行動 怪しい



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xbfgtw9p3hn
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/xbfgtw9p3hn/index1_0.rdf