静かに進行する3つの危険な病気

April 06 [Thu], 2017, 5:48
【市販薬でも治せる軽度のホットフラッシュ】
ホットフラッシュは市販薬(処方される薬に比べると弱い成分だったり、配合量が少なかったりすることがほとんどでしょう)でも治せるのか気になっている方もいらっかしゃるかと思います。

もし、ホットフラッシュを市販薬でも治すことが可能であれば、時間を作ってまで病院に行く必要がありませんから助かる人も多いのではないでしょうか?

例えばのお話ですが、ホットフラッシュと言いましても症状が軽度であれば市販薬(配合成分をしっかりとチェックしたいですね)でも治せる可能性が高いと言えるのであります。

ドラッグストア(一般用医薬品や日曜生活雑貨などを扱うセルフサービス形式の小売店をいいます)を覗きますと、更年期障害に効果のあるという謳い文句の薬が色々売られていますので試してみるのもいいかもしれませんね。

しかしながら、市販薬の購入にあたっては自分の判断で買うのは止めておきましょう。ここはやはり、専門家である薬剤師に相談をしてから購入する方が無難です。

市販薬は種類が多いことから、自分に合わない薬を購入する方が少なくないのです。それを防ぐ為にも、薬剤師に症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんばってみるべきでしょう)を伝え、適切な商品をセレクトして貰うことが大切です。

【周りの人も気がつかない場合が多い摂食障害】
摂食障害(食行動における重い障害が表面化する精神疾患の一種のことを言います)になった場合、周囲に人間に発覚するものなんでしょうか?

例えば、見た目的にも異常な食行動が現れていれば分かりますが、そうでなければ周囲の人間に摂食障害分からないことが多いかと思います。

特に、摂食障害は初期段階だと異常は見られませんから、友達や同僚、そして同居する家族でさえも気付かないことが圧倒的に多いというのが本当のところなんですね。

そんなことから、摂食障害が発覚した時には、病状がかなり深刻に進行していることが多いのであります。

今の時代は特にダイエットする人が多いことかから、拒食症になっていても発見するのは困難であると考えるべきでしょう。

逆に過食症(精神的な問題が原因となっていることが多いでしょう)になっていますしも「ストレス(元々は物理学用語で、カナダのハンス・セリエ博士の論文により、医学用語としても使われるようになりました)でとてもたくさん食べる事もあるよね」と不思議に思わないことも多いので、なかなか気づかないのが実情なのであります。

【性病は予防して下さい】
性病を予防するためにすべきこと
を説明します。

・性交渉をしないこと・・・当たり前のお話ではありますが、性交渉をしなければ性病に感染することはありません。

・不特定多数の相手と性交渉をしないこと・・・不特定多数の相手を対象として性交渉を持つという行為は、性病に感染するリスク(会社経営などではしっかりとマネジメントすることが大切です)を大変に高めてしまいますのでパートナー(相棒、相方のことをいいます)を限定することが大切です。

・コンドームを使いましょう・・・コンドームの使用は、性病(きちんと治療しないとパートナーにもうつしてしまう恐れがあります)を予防するためには大変に効果が高い方法なのであります。

・性交渉の前にシャワーを浴びましょう・・・不衛生な状態での性交渉は、性病(発病して浮気がばれるなんてこともあるでしょう)の感染リスクを高めることになりますので事前にシャワーを浴びることをおすすめします。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:けんxbece1w6
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/xbece1w6/index1_0.rdf