だからこの繰り返しが続いたら、好意のあるサインです

September 25 [Fri], 2015, 18:02

最近では草食系男子を超えて、絶食系男子というのまで登場した様子。でも、ホントにみんな、こんなに消極的なのでしょうか。女性には興味がない、恋人なんていなくても平気という兆候で巷はあふれています。実は恋人が欲しいけど、本人も周りの異性も、それに気が付かないだけかもしれません。ここでは、消極的な男子が好意を持ったら見せるサインを教えます。

目が合うとそらす、を繰り返す
好きな人を目で追いたくなる気持ちは、消極的な男子だとしてもあります。もともとオスはハンターという性質を持っていますから、獲物を見れば目で追いかける習性があるのです。そこまでは共通する仕草。ただ消極的な男子は目が合うと途端に、どうしていいのかわからなくなります。そこですぐにそらしますが、また見てしまう。そこから次の行動へは移しません。だからこの繰り返しが続いたら、好意のあるサインです。思い切ってあなたから話しかけてみると、目を見ず、返事をしてくれないこともあるでしょう。一瞬「嫌われているのかな」と思うかもしれませんが、それは好意のサインの場合もありますよ。

男子側からアクションがある
これは消極的であろうが積極的であろうが、好意がある意味で同じです。ただ積極的な男子はそこに、「あなたとデートをしたい」といった明確な目標があるのに対し、消極的な男子は特にありません。ただ何となく、「今面白いテレビがやってるよ」と言いたかっただけ。本人に尋ねても、きっとそう答えるはずです。でも本当に興味がなければ、連絡などしてきません。消極的な男子にとって、話しかけるとかメッセージを送るのは、大きな行動力なのです。無意識ならなおさら、好意を抱いている証拠。

メッセージのやり取りが何度も続く場合は、さらに可能性は高いですね。直接会ってする会話は長続きしなくても、メッセージなら短文ながらもやりとりが続く。これはあなたとつながっていることが、心地よく感じているからです。

モノの貸し借り
草食系や絶食系男子というのは、自分の世界にこだわりを持っている人が多い様子。そこで読書が好きな彼が本を貸してくれたり、音楽が好きな彼がCDを貸してくれたりするのは、好意のあるサイン。しかもあなたから「貸して」と言わず、話の流れで「今度貸そうか」となればますます確実です。大事なモノは嫌いな人になど、根本的に貸したくありません。しかもこだわりを持つ男子ならなおさら、大事なものを人に触られることに抵抗を持つはず。

さらになにかを貸せば返す必要があるため、必然的にまた再会する口実ができます。借りたモノによって共通の話題もできるため、話が弾みやすいと一石何鳥もの特典が! もちろん、消極的男子本人もここまで考えていないことが多いので、駆け引きなのだと勘ぐらず素直に借りましょう!

誘いに乗ってくる
消極的で自分から誘うことはありませんが、好意を持っている異性からの軽い誘いには応じます。これもまた、相当関心がなければ、お断りしますし、まず自分の時間を割きたくないんですよね。だから、試しに誘ってみましょう。そこで応じてくれたら、あなたに好意がある証拠。これも無意識の場合が多く、彼自身あなたを友人のようにしか思っていないと思い込んでいます。楽だから応じる。でも、それがそもそも好意の表われなのです。

どうして消極的な男子が増えたのか、ハッキリとした検証はさ媚薬 女性用
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/xbalnphs/index1_0.rdf