便秘を改善するための良い習慣

March 29 [Thu], 2012, 18:23
慢性便秘で、あまり程度がひどくない場合は長い開放置されていることが多いものです。しかし、最近始まった便秘、徐々に悪化する便秘、血便や腹痛をともなう便秘などは受診が必要です。また、慢性便秘でも、大腸がん検診などの機会に見直してもらうことをお勧めします。 大腸の腫瘍や癒着、外からの圧迫などが疑われると注腸X線造影、大腸内視鏡、超音波検査、CT検査、MRI検査などが行なわれ、診断がつけば手術、放射線、抗がん剤などによる治療が行なわれます。 便秘が大腸の運動や緊張の低下が別の全身性の病気による場合は、まずその治療が行なわれ、便秘症状に対しては下剤が使われます。過敏性腸症候群による便秘では、症状緩和のため、下剤のほかに大腸の過度の緊張をとる鎖痙薬や精神安定薬などが使用されます。さらに便秘原因となる精神的な要因の除去のために心身医学的な治療も行なわれます。 排便反射に障害がある人も、原因除去が先決です。ただし、高齢者では根本的な便秘改善がむずかしいため、直腸の便を指でかきだす方法を行なう場合もあります。 慢性便秘により便が毎日出なくても、ほかの症状も苦痛もなければ、治療は不要です。毎日の排便にこだわりすぎないことが対策の第一歩です。 慢性便秘としては軽症なのに、必要以上に強い下剤や浣腸に依存している人が意外にたくさんいます。きちんと検査をして診断がつけば、2〜3日程度の便秘は怖くないと認識することです。そして一定の時刻に排便する習慣をつけることです。排便は、朝食後がいちばんよいのですが、自分のライフスタイルに合わせて習慣をつけてかまいません。決めた時間になれば、便意がなくともトイレにいってみるところから始めてみましょう。食事では繊維と水分を十分とるように心がけます。冷えた牛乳や果汁を飲むと、胃結腸反射という自律神経反射を誘発して排便を促します。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:xaziopte
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/xaziopte/index1_0.rdf