秋山智江でアーヴァイン

February 09 [Thu], 2017, 22:04

日本の医療全般がQOL(quality of life)を重視する傾向にあり、物づくりに代表される日本経済の爛熟と医療市場の大幅な巨大化により、外見を自分好みに変化させられる美容外科(Cosmetic Surgery)は4〜5年前ぐらいから最も人気のある医療分野だろう。

美白(びはく)という概念は90年代後半に化粧品会社創業者・鈴木その子が火付け役となってブームになったのは記憶に新しいが、それよりももっと以前からメラニン色素の増加が原因の様々な肌トラブル対策の言葉として使用されていたようだ。

どうにかできないものかと対策を考えて自己流マッサージをしてしまう女性がいますが、ことさら目の下の皮膚は薄いので、雑にゴシゴシと力をかける乱暴なマッサージは不適当です。

頭皮のお手入れの主だった目指すところとは健やかな毛髪を維持することだといえます。頭髪に潤いがなく乾燥したり抜け毛が多くなるなど、多くの人が髪のトラブルを抱えているようです。

よく耳にするピーリングとは、古くなってしまった不要な角質層を専用化粧品などでピール(peel:皮をはぐの意味)し続けることにより、まだ若くて化粧ノリの良い表皮(角質)に入れ替え、ターンオーバーを28日周期に近付けようとする分かりやすい美容法です。



皮ふの奥底で作られた細胞は徐々に肌の表層へと移動し、最後には角質層となって、約28日経てば自然に剥がれ落ちていきます。これらの活動こそが新陳代謝です。

我が国における美容外科の来歴において、美容外科が「紛れもなく正式な医術」であるとの認識と地位を得るまでに、予想以上に長い時間が必要だった。

乾燥による掻痒感の原因のほとんどは、加齢に伴う角質の細胞間脂質と皮脂の量の下落や、ハンドソープなどの使い過ぎによる皮ふのバリア機能の落ち込みによって発現します。

美容成分としても有名なヒアルロン酸は人の細胞間に多数あり、水分の維持や緩衝材の働きで大切な細胞を防護していますが、加齢にともなって体内のヒアルロン酸は少しずつ減っていくのです。

よく女性誌でまるでリンパの滞留の代名詞のような扱いで書かれる「浮腫」には大きく2種類に分けると、体に隠れている病気による浮腫と、病気のない健康体にも出現する浮腫があるということらしい。



洗顔を使ってきちんと汚れを洗い流すようにしましょう。ソープは皮膚に合ったものを使用します。皮膚に合ってさえいれば、安価な物でも特に問題ないし、固形石けんでも何ら問題ありません。

浮腫みの原因は色々ありますが、気温など気候による作用も少なからずあるって知っていますか。30℃を超える気温になって一日中汗をかく、夏に浮腫む原因が隠れているのです。

現代社会に生きる私たちには、身体の中には人体に良くない影響を及ぼす化学物質が増加し、その上に自らの体内でも老化を促す活性酸素などが発生していると報じられているらしい。

中でも夜間の歯磨きは大事。“蓄積くすみ”を取るため、就寝前はきちんと歯磨きをしましょう。しかし、歯みがきは回数ではないので、そのクオリティに留意することが大事だといえるでしょう。

下まぶたのたるみが出ると、すべての人が実年齢よりもだいぶ上に映ることでしょう。顔の弛みは数多くありますが、中でも目の下は最も目につく部分です。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:奈々
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/xaucpiinehmamv/index1_0.rdf