ほらすぐそこに 鈴の音が聞こえて 

2006年12月18日(月) 22時42分
クリスマスまで残り1週間を切りましたね!
私はクリスマス大好きです★
でも今年は…、ちょっと憎い(>_<)
日曜日だからちょっとだけ会えるんですけどね。
去年までみたいにはできないなぁ。
私、クリスマスには思い出があるんです。
2年前のクリスマスは、まだ彼と付き合う前だったんですけど、それなりに仲は良くなってて。
勇気を出して、『みんなで遊ばない?』って彼を誘ったんです。
自分的にはかなりがんばりました*>_<*
でもそのときは返事がもらえなくて、テストとか挟まってクリスマスまであと1週間ちょっと…ってとこで、彼からメールが来ました。
たしか最初は関係ない話題だったんですけど、『この前クリスマスのこと言ってたけど、もう予定入れちゃった?』って聞かれて。
予定入れてないよって送ったら、
誘 わ れ た ん で す よ
で、なんか彼が計画を立ててくれるっぽいので、人数とか場所とかは当日教えてもらうことにして、彼にお任せしました。
クリスマスプレゼントは、みんなで集まるしなにがいいかわかんないからいいかな〜、とか考えながら、クリスマスも会えるんだーってはしゃいでました。

まさか、あんな展開が待ってるとはね…。

2年前のイブは金曜日で、普通に部活があって、そのあと待ち合わせしてたんですけど。
彼が呼びそうなメンバーが、みんな帰ってく。
で、彼が来たと思ったら、『じゃ、行こっか』

ふ、ふたりっきり!!?(O.O;)

みんなで遊ぶと思ってた私はそりゃあもうパニックです。
すっごく嬉しかったんですけど、すぐにそれを喜べるほど頭は回ってなくて。
とにかく彼に言われるがままに電車に乗りました。
そして着いたのは…ディズニーランド。

初デート(しかも付き合ってない)でディズニーランド…!!

今から考えてみれば、彼って相当なチャレンジャーですよね(笑)
部活後に行ったので着いたときにはもう夕方で、たいして遊べなかったんですけど、すごく楽しかったです。
知ってる人が誰もいない場所で、好きな人とふたりで。
緊張して話せなくなったりするんじゃないかと不安だったんですけど、話題は尽きなくて。
ずっとずっと話していたくて。
帰るときが、本当にいやでした。
でも楽しい時間はすぐに過ぎてしまうもので。
せめて、最後に自分の思いを伝えようと思いました。

1度しかない高校1年生のクリスマスの相手に私を選んでくれた彼に。

あなたが好きだと。

でもなかなか伝えられないものなんですよね〜(*_*;)
一応誘ってくれたってことは、嫌われてはいないんだろうなって思ったんですけど。
だからって好きとか言われたわけではないし。
結局その日は言えなくて、彼とちゃんと付き合うことになるのはもう少し先になりました。
その話はまた今度♪

ずっとそばにいる 愛してる君だけを 

2006年12月15日(金) 16時59分
こんにちは、咲月です。今日も彼とラブラブです★(死)
実はおととい、彼と塾の帰りが一緒なのに先に帰られるという悲しい出来事がありまして…。
かなりヘコんでました。
きのう・今日はお互い塾がないんで、もしかしたら一緒に勉強できるかなぁ…なんて思ってたけど、会えないんじゃ聞けないし。
まぁきのうの朝『今日塾ないよね?』ってメールしたんですけどね。
帰ってきたの昼だし、『今日大学行くつもりなんだ☆』だし。
踏んだり蹴ったりですよ。
でも、ここからが彼のすごいところ。
一緒に勉強したいなぁって思ったんだけど、それじゃあ仕方ないね、って私が送ったら、
『えー!一緒に勉強したかったぁ…。でも今日中にいろいろ終わらせたいんだよね↓』
そして
『じゃあ、勉強は無理だけど、一緒に帰ろ?』





…っ

キャー!!!

私の内心こんな感じでしたよ、本当に。
こういうとき、彼はたいてい『ごめんね(;_;)』とかで終わりなんで。
で、家まで送ってもらって。
そのあと、アップルパイ作ったんですよ。
彼はかなりの甘党なんで、食べるかな?って思って聞いてみたら、もちろん!ってことで今日の放課後に渡しに行きました。
学校で人に見られるのはいやなんで、生徒会室に勝手に入ったんですけどね(笑)
私は渡すだけのつもりだったんですけど、彼が食べたいって言ったんで、なんとなく話しながら食べ終わるの待ってたんです。
でも、彼は食べるのがものすごく遅い(笑)
だから結局1時間以上しゃべってて、先生にも見られたけど特に気にもせず。
先生とかはどうでもいいんで。
そのあと、彼が眼科に行かなきゃならないので、校門まで一緒に行こうってなって、手ぶらで来た彼の荷物を取りに彼の教室まで行ったんです。
そしたら、『あ、これ今日出したほうがいいかなぁ?』とか言い出して、書類を書き始める彼。
で、またいろいろ話してて、たった2枚の書類を書くのに30分…(笑)
そしてやっと校門まで来たら、『駅まで送ってくよ』
予定よりかなり遅くなったんで、もうちょっとくらいどうでもよくなったらしいですよ(笑)
でも、すっごく嬉しかったです*>_<*
特に学校でこんなに話すのなんか、付き合う前に朝誰も来てないとき話してた以来で。
なんだか懐かしくなっちゃいました。
卒業したらこんなことももうないし、また思い出がひとつ増えました(o^-^o)

吐き出す息は真っ白く 

2006年12月12日(火) 13時47分
お久しぶりです!
日常用のブログ作ったからそっちばっかり更新してました;
もうこっちはノロケ専用です(笑)
でも、こっちもないとダメなんですよ!
私の脳内は8割方彼で占められてますから(笑)
さてさて、そんな彼ですけど、きのうもまたやらかしてくれました。
塾がお互いある日は、たいてい駅まで送ってもらってそこで少し話すんですけど、彼が金・土・日と塾がなかったんで、ちょっと久々だったんです。
でも彼はそんなこと気にしてないんだろうなー、と思ってました。
それでいつものように話してたんですけど、心なしかいつもより彼がよくしゃべる。
途中で彼もそう思ったみたいで、『あ、ごめん、しゃべりすぎてる?』って言ってました。
やらかしたのはそのあと。

『でもなんか久しぶりだから…思ってたよりもすごく咲月としゃべりたかったみたい』

…!!
彼は無意識に人のツボつくのでたちが悪いです…。
そういえばバイバイして駅に入るとき駅ビルから入るんですけど、きのうは時間が遅かったので自動ドアを警備員さんが閉めたあとでした。
でも私はそれをしらなくて、自動ドアの前に立ったけど、もちろん開きません(笑)
それで半泣きで振り返ったら、彼がまだ帰ってなくて、私のこと見てました。
パニクって彼とこに走ってったら、『ごめん、さっき閉めてたの言えばよかった…。見ててよかった』って抱き締めてくれました。

ありがとう警備員さん!!(笑)

テイクオフ飛び立つときだ 

2006年12月02日(土) 18時50分
これは1度むこうに載っけたんですが…、こっちに載っけたほうがいいかなってことで移動です。

気が付けばもうテスト1週間前…。
3年2学期の定期テストなんかどうでもいいのかもしれないけど。
でもみんなやっぱりどこかがんばっちゃってる気がするんです。
いい点取りたいのかな。
私にはこの話は少し難しくて。
小さい頃からやりたいことは決まってたけど、それには学歴とかってものはまったく必要ないから、あんまり興味がなかったんです。
だから高校に進学するつもりもなかったし。
中学の頃はテスト勉強なんてしたことありませんでした。
もちろんお世辞にもいいとはいえない成績で。
それでもいろいろあって高校に進んで、今はどちらかと言えばできるほうに入るのかもしれません。
でも、中学の頃と何かが変わったとは思えないんです。
テスト勉強はするようになったし、いい点を取ったときは喜ぶけど。
そのあとで、結局学校のオベンキョウなんて社会に出たら何の役にも立たないって思います。
いい学校出たって、本当に大事なのは人間としての中身なんじゃないかって。
周りには偏差値で大学を選ぶ人もいるけど。
頭がいいからっていい大学ってわけじゃないんじゃないのかな。
自分がやりたいことをできる大学に進むべきなんじゃないのかな。
それをとやかく言う人もいるかもしれないけど、後で悔やむくらいなら今戦ってみてもいいと思います。
そもそも、やりたいことがよくわからなかったりするなら、大学なんて行くべきじゃない。
本気で志してる人に失礼ですよ。
そんなこと言ってる私も国立志望ですけど、本当は私立に行きたかったんです。
でも、学費は4倍くらいかかるっていう現実があって。
自分のわがままで大学に行くのに、そんな大金を親に出してもらうわけにはいかないと思いました。
かといって自分一人で払える金額ではないし。
だから私立は諦めました。
でも今はそれを後悔してないです。
いろいろ調べて、ここでもきちんとやりたいことができるってわかったから。
そのために、私は勉強してます。
自分で決めたことだから。
高校に入ってからテスト勉強をするようになったのも、自分で高校に進むって決めたからで。
義務教育みたいな押し付けじゃなく、自分の意思で。
だからちゃんと勉強するのが筋だと思ったんです。
言うほどできてはいないけど。
今回も、受験だからって勉強しないっていうのは違うって思ってます。
受験するのは個人的なことであって、それ以前に私は高校生なんだから。
前よりはできなくなるのはしょうがないけど。
平均点くらいは取るのが礼儀ってものですよね。
だから私は勉強します。
いい点じゃなくていいけど、ふつうの点くらいは取れるように。
周りがどう思ってたって、私は私だから。

ほんの少し強くなりたい 

2006年12月01日(金) 18時44分
新しくブログを開設しました。
むこうでは友達とかに見られることを前提に書こうかなと思います。
だからこっちの更新は今よりもっと遅くなるかなぁ・・・。
でもむこうに書けないことはこっちに書いていくつもりなんで。
そんなわけで新しいブログです→@01
むこうではあおいと名乗ってます。
むこうからこっちにはリンク貼ってないので、そのつもりでお願いします。

こんな僕でも人を愛した 

2006年12月01日(金) 10時19分
久々に"鬱"です。
自業自得だけどさ。
学校も行きたくなくて、サボろうって思ったけどそれもできなくて、なんかもう…ダメ。
いまさら悔やんだって遅いのはわかりきってるのにね。
はぁ……逃げたい。

言われたって困ると思うけど、ごめんなさい。

精一杯の笑顔でいるよ 

2006年11月29日(水) 16時03分
二次試験終わりました…!
なんかもう、ダメですよ。明らかに落ちました。
だって小論文ちゃんと書けてないし、面接ボロボロですもん。
それほど緊張はしなかったんですけど。
今日の収穫としては、小説読むとそれに没頭して緊張を忘れられるってことぐらいですかね。

そういえばきのう、やっぱり彼は電話するために先に帰ったとのことでした。
11:30くらいに『電話ほんの少しだけしてもいい!?』ってメールが来て、ダメなわけないのになぁ…と思いながらいいよって返して、少し話しました。
特別何かを言われたわけではなく、ふつうの日常会話が主だったんですけど、それが逆に落ち着かせてくれました。
なんかもう…、負けっぱなしな感じです。
明日は彼とお勉強会なので、お礼も兼ねて数学手伝ってきたいと思います!

手をはなすことも笑顔だよ 

2006年11月28日(火) 20時44分
とうとう試験は明日です!
いや、もう…すでに半泣きですよ。
どうせ受かりっこないんだから諦めればいいんですけどね。
やっぱり、受けるからには全力でいきたいって思っちゃうんです。
だから、緊張でうまく喋れなかったりする自分を想像すると、不安で…(;_;)
でも、なにより怖いのは、小論文です。
文章を書くのは大好きだけど、…大好きだから、もし問題を配られて頭が真っ白になって何も書けなかったら…って思うと、怖くて仕方ないんです。
こんな日は彼に甘えたいんですが、塾一緒だったのに先に帰っちゃうし…。
でも、先に帰ったのは私が明日だから遅くならないほうがいいとか、後で電話するためなんじゃないかと思ってしまう身勝手な自分がイヤです。

これでいいんだ?このままでいいんだ? 

2006年11月27日(月) 21時19分
金曜日の話。

授業が終わって鬱々としながら教室を出たら、ちょうどあの人も終わったところで。
支度があるようなので教室の前で待って、そこから一緒に帰りました。
彼とだって学校内から一緒に帰ったことないのに…。
あの人が自転車なので、駐輪場について行ったら彼に出くわしました。
その時のあの人の発言。『あ、○○○くんだ』
余裕だね…(O.O;)
なんかそのままスルーするのも気まずいと思って、手を振ってみました。いつもはしないのに。
そしたら彼もバイバイって言ってくれて、ちょっと安心しました。
そしてやっと帰り始めたわけなんですが…、5分も経たないうちに次の問題が…。
同じ委員会で彼の親友が通りがかったんです。
一応挨拶してくれたんですが…、すごく戸惑ってて、返した私の声もいつも通りじゃなくて。
あれは誤解しただろうな……。
いまさらどうしようもないですけどね。
そして本題。
私がいつもより口数が少なかったせいか、なかなか話さないので、こっちから聞いてみました。
そしたら、『お礼』をしたかった、と言われました。
今までいろいろしてもらったのに、ちゃんと言ってなかったからって。
だから、私もありがとうって言っておきました。
私があまりにもびくびくしてたから、あの人は本当に言いたかったことを言わなかったのかもしれないけど。
それはそれでいいと思うんです。
それがあの人の優しさだと思うから。甘えてしまいました。
その後彼にメールしたら、『なによりも咲月が困ってなくてよかったよ』とのこと。
私はこんなにずるいのに、それでも私のことを心配してくれる彼がやっぱり好きだなって思いました。



さて、とうとう明後日は二次試験なのですが…。
あの人の一件もあって、ちょっと忘れてたんで、いまさらすごく焦ってます。
パニクるとどうしようもない私は、今日も彼に泣きついていました。
そしたら。
彼が。

明 日 電 話 し て く れ る っ て … !!

もー!!
きゃー!!

私、ちょっとがんばっちゃいます!!O(≧∇≦)O

僕に答えられない質問ばかりするの? 

2006年11月23日(木) 15時03分
塾に行くのに筆箱を忘れたおばかさんは誰でしょう?

…私です…!!(笑)

彼にシャーペンと消しゴム借りることにします…(泣)
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:桜葉咲月
読者になる
関東在住受験生。

サブブログ↓
http://cherrypink01.blog68.fc2.com/
こっちでは日常的なことをつぶやいてます。
2006年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリアーカイブ
Yapme!一覧
読者になる