日本男子と大和撫子に、言葉はあるのか?!

December 20 [Tue], 2011, 21:45
第四章日本男子と大和撫子の言葉私の溜息その四より下記に抜粋する。
そこには、言葉に無神経になるということは、相手の心に対して、不親切になるということと書かれている。
まさしくその通りではないか。
言語不感症の女性とコミュニケーションインポテンツの男性には、片手で操れる携帯でのお手軽な恋愛ごっこが似合いだろう。
心の本棚から、あふれる言葉を選び出し、それをどう料理し、いかに駆使して、相手への恋心を伝えようと考える頭もないだろう。
そもそも、そこまでの情熱をぶけるような相手も見からないのではないか。
怠惰に流されて、何でもカッタルイと感じ、重々しく、もったいをけて、結局は何もせずに一日が終わる。
シロナガスクジラのようにゴローンとしている者たちには、魂が打ち震えるような恋愛や、夫の姿を、赤ちゃんや子供の時代から見ていたかったと感じさせてくれる不思議な母性愛を、ある日突然我が身に知るような感動の結婚生活など願っても訪れまい。
かくして、機能不全の男女たちは、異性に熱くなることを放棄し、他人への労を惜しみ、自分のことだけ考えながら今日も深い眠りにくのである。
言葉に無神経になるということは、他者に対し無神経になるということであり、他者を無視するということでもあります。
相手の心に対して、不親切なのです。
でも、他者を無視しすぎ、自分勝手が果てもなく増殖すると、結局は自縄自縛を招き、己の身を切り刻むような結果を生みます。
言葉が反乱を起こすのです。
まりお互いが自分勝手な言葉の使い方をしすぎ、自明の理を含めた共有が不可能になってしまいました。
それは一種の言語の自閉症です。
他人の言葉への不信は、因果応報のように自分の言葉への不信にながります。
自分で自分の言っていることがよくわからず、結局自分がなにを考え、他者とどのような関係にあるのかさえわからなくなるのです。
抜粋終わり出会い
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:x9clpnj804
読者になる
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/x9clpnj804/index1_0.rdf