お茶のお稽古

November 17 [Thu], 2016, 6:55
私は親友に誘われてお茶を習っています。私の家は曽祖父がお茶の先生。祖母も母も嗜んでいたので、物心ついた時には曽祖父に習っていましたが、小さな子には抹茶は苦いし、正座は辛いし、曽祖父も厳しいしで、大人になった時にはすっかり抹茶道が嫌いになってしまい、1人だけ煎茶を習っていました。しかし、先生が高齢でお稽古を続けられなくなったタイミングでお免状が取れたので、それを期に長いお休みに入りました。

そんな時にたまたま付き合いで行かないとならないお茶会に親友を誘ったところ、いたく感激したようで、その先生に習いたいと言い出し、たまたまその先生が市民向け文化講座のようなお教室を開くことを調べてきて、一緒に行って欲しいと言われ、付き添いのつもりで習いはじめました。

しかし、流儀は違えどやったことがあるので、先生から重宝がられ、すぐにお茶会のお手伝いを頼まれるようになりました。

今月もお茶会のお手伝いを頼まれており、毎日どの着物にしようか迷いながら最近は過ごしています。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:のり
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる