お尻のニキビをつぶして飛んでもないことになった

November 04 [Fri], 2016, 20:25
白く化膿したニキビを見つけると、爪で中身を押し出してしまいます。ニキビの中から膿や種の種のようなものが飛び出してくるのが大好きなんです。ただ、五回に一回はつぶしても失敗して根っこが残り、どうしても中身を出そうとした結果、ニキビ跡が肌についてしまうのです。
ニキビ跡を見て、肌に悪い事をしてしまったと反省するのですがまた白いニキビが出てくると自分を抑えられずに、再びつぶしてしまうという悪循環の繰り返しです。


10代の時、チョコやスナック菓子をたくさん食べるとすぐにニキビが出ていました。
食べ物がてき面に影響するんだ、と思ったものです。それから後、年齢が進むとともに食べ物にも注意するようになり、チョコレートやスナック菓子などには目を向けないようにしています。その効果かニキビもすっかり発生しなくなりました。

ニキビを予防したり、できてしまったニキビを正しく治していくには、栄養バランスのしっかりと取れた食事を摂っていくことが重要です。


中でも野菜を中心に摂っていくことは極めて重要なことだと思います。
野菜はビタミンミネラルが豊富ですから、それらをしっかりと念頭に入れて摂取していくのが理想となります。ニキビにヨーグルトは良いものではないとされたり、その逆に良いと言われたりしていますが、こうした情報の真偽は明らかではございません。実際、限られた食品にだけ頼るのではなく、日頃から栄養バランスの取れた食生活を心がければ、ニキビ予防へと繋がると考えています。

ニキビの根本は、ホルモン分泌が過剰なことではないかと言われています。



主にニキビが出来るのです。


人それぞれにあります。



数多くあるうちの一つが、そうすると、健康的な日常にも繋がります。
ニキビをなくすには、ザクロが役立ちます。



ぶつぶつはホルモンバランスの均衡がとれない時や肌の細胞の新陳代謝が悪い時に、できるのです。
ザクロは、オイリー肌を引き起こす男性ホルモンの分泌をコントロールし、肌のターンオーバーを促す成分がたくさん入っているため、体質レベルからニキビを治せるのです。実は顔以外のところで、思わぬ場所でニキビができやすいところは実は、背中。



背中は自分で確認が困難な場所です、背中にできたニキビには、気づかないことがあります。

しかし、背中のニキビでもケアをしっかりしなければ痕になってしまいますので、注意がいります。ニキビを潰してしまうと、そこから膿が出ます。さらに潰してしまうと次は芯がでてきます。これがニキビの元となるのですが、潰して芯を出してしまうことはオススメできる方法ではございません。
無理やりに潰してしまうのですから、さらに炎症は広がります。ニキビの跡が残ることもあるので薬をつけるなどしてゆっくりと治していきましょう。私自身、赤いプツプツが額に目立つくらい出てきた時に、化粧でも隠せないほどの状態だったので、治療をしてもらうことにしました。お医者さんに、ひとまず薬を出しますので、塗ってためしてみて下さいと言われ、ステロイド系の薬を塗るようにと、処方してもらいました。ステロイド系の塗るタイプの薬は効き目が早いのですが、強い薬ですので、様子が良さそうでしたら塗る頻度を微量にしていかないとならないそうです。この時期、ニキビ予防において大事にしないといけないのは、雑菌の温床にならない環境を作り出すことです。
ファンデーションのパフに皮脂等が付きっぱなし、枕をしばらく洗っていない、手で直接肌に触れるといったことは、顔に雑菌を塗っているのと同じなのです。
普段から清潔にできるように気を付けましょう。
お尻のぶつぶつをつぶしたいとき
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/x8pe1xqlc1s/index1_0.rdf