「容積率」と「建ペイ率」

July 31 [Wed], 2013, 21:30
不動産の中古新居コマーシャルをみていますと、絶対「容積率」と「建ペイ率」と言うのが記載されている。



「容積率」と「建ペイ率」に関しては、用途場所によって丁寧に定められている。



今回は、こうした「容積率」と「建ペイ率」に関して、わかりやすく簡単純に説明していきたいとおもいます。



容積率とは?



容積率とは、敷地面積に対している建物の延べ床面積の比率のことですよね。



例をあげると、用途場所が「第一種低層住居専用場所」となっています際だと、容積率は50、60、80、100、150、200%のどれかになるでしょう。



仮に、80%と設定されています場所であれば、敷地面積が100uだと建物の1階ゾーンの床面積と2階の床面積の合計が80uを超えてはいけ無いことになるでしょう。

「敷地面積100u」×「容積率80%」=延べ床面積は80uとなるでしょう。



言い換えると、建物総合の床面積が80u迄だから、坪数で表すと24.2坪上記の住宅を建設していることは許可されないでしょう。



建ペイ率とは?



建ペリ率とは、敷地面積に対している建物の建築面積を表す言葉ですよね。

凄く解かりやすく言ってしまいますと、建物の1階分の面積だと感じてください。

賃貸のトラブルSOS

こっちも、用途場所が「第一種低層住居専用場所」となっています際だと、建ペイ率は30、40、50、60%のどれかに定められている。



仮に、50%と設定されています場所であれば、敷地面積が100uだから、建物の1階ゾーンが50uを超えてはいけないでしょう。



言い換えると、1階ゾーンの建築面積が15.12坪(50u)を超えて建築していることは認められないでしょう。



今回は容積率と建ペイ率の楽ちんな説明をしてきましたけど、すでに建物が建っています中古一戸建て住宅であれば、建替えや増改築を確認してい無い限定、こうした容積率や建ペイ率はそういうに大切では有りないでしょう。



ただ、チェックしてほしいのが容積率や建ペイ率の数字が大きい場所であれば、隣家の近くに高層アパートやオフィスビル等が建設される見込みがあると言うことですよね。



オフィスビルや高層アパートが建ってしまいますと、風通しや日当たり等の面で悪影響を受ける見込みも有りますので、未来的なことを検討すると、中古住宅といえども用途場所を最初、容積率や建ペイ率を知っておくことは大切だからすよね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ようこ
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/x7m68et4/index1_0.rdf