そのかわり、最初のうちは割とロスを経験したほうが

May 04 [Fri], 2012, 7:48
とまれかくまれ、休みも相場と言って、レートの予見ができそうにない時は、無理に取引きしないのも技術です。不可欠なことは、どんな戦略でも利得も出ますしロスも出るということですから、認識しておきましょう。

そのかわり、最初のうちは割とロスを経験したほうが、後々至れり尽くせりなれるので、それも良いはずです。ロスがではじめるとスタイルを無視して感情的になり状態を読めなくなります。これがFX で儲けるやりようなのです。利益が出た場合、なぜそのトレードは成功したのかを思案してみると、新しい梗概が出て探求が深まるかもしれません。

−今日のFX用語−
■抵抗線
「抵抗線」とは、為替レートがそれ以上には上がりにくいだろうと市場参加者の多くが認識している価格帯のことです。レジスタンスラインともいいます。

FX の企業といってもさまざまな社がありますので

April 01 [Sun], 2012, 7:05
FX の企業といってもさまざまな社がありますので、新入生にはどれがいいのか迷いますけどね。金銭の真理のニーズに関係なく、センチメンタルでもレートはひょう変することがありますから、チャンスを見つけてください。 以前から、買うべきときにカレンシーを買って、売るべきときに通貨を売るという、チャンスを逃さない基本を重要視することです。利得を大きく、損失をミニマムにすることで、トータルで儲けるという着眼点がよいはずです。 −今日のFX用語− ■外国為替及び外国貿易法(外為法) 「外国為替及び外国貿易法(外為法)」とは、対外取引や外貨建取引に適用される基本法です。1949年に施行されました。数度の改正後、外為業務に関する規制が全廃され、FXが普及するきっかけとなりました。

FX は運用のハウツーによっては

December 27 [Tue], 2011, 7:26
トレード円貨をセレクトするときには、情報収集がえらいことにならないので、自分の好きな国のカレンシーを選ぶのもいいと思います。元々、買うべきときに円貨を買って、売るべきときに貨幣を売るという、チャンスを逃さない基本を尊重することです。

FX は運用のハウツーによっては、ある程度リスクと損失を抑えながら収益を得る見込みも大きいはずです。年来決めた利益確定水準や損失確定レベルに到達したら、早く機械的にポジションを解消する決断力が肝心なのですね。

レバレッジを調整することで、 リスクやリターンの水準を調整することが外国為替証拠金取引では重要な万策です。第一順調に積み上がってきた利得も一瞬で失いロスを出してしまうリスクがあるからFX は誠にトレードでもあるわけです。

諭すすべきことは、少しずつ稼ぎ出すとレバレッジを上げてみようという間違った戦略です。これは大変です。いずれにせよ、よく知らない国の通貨や、情報量がとても少ないカレンシーに投資するのは博打と同じでリスクが大きいです。、

−今日のFX用語−
■テクニカル
「テクニカル」とは、チャートの動きを研究することで今後の相場を予測しようとする手法のことをいいます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆうとくん
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる