<ユネスコ>無形文化遺産事前審査 11件は来年に持ち越し(毎日新聞)

June 11 [Fri], 2010, 12:07
 文化庁は8日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産の「代表一覧表」の記載候補として09年8月に提案した13件のうち、茨城、栃木両県で伝承されてきた染織「結城紬(つむぎ)」と沖縄に伝わる歌舞劇「組踊(くみおどり)」の2件だけに事前審査が行われたと発表した。残る「男鹿のナマハゲ」(秋田県)など11件は来年以降に事前審査が持ち越しとなった。

 代表一覧表は世界遺産の無形版。同庁によると、今回は日本を含め35カ国から147件が提案されたが、事前審査を行うトルコ、エストニアなど6カ国で構成する補助機関が5月17〜20日の期間中に35カ国54件分しか処理できなかった。6月のユネスコ締約国会議で今後、各国の提案数を制限するかどうかを話し合う。結城紬と組踊が代表一覧表に記載されるかどうかは11月にケニアで開かれる政府間委員会で決まる。

 他に事前審査が持ち越しになったのは「本美濃紙」(岐阜県)▽「秩父祭の屋台行事と神楽(埼玉県)▽「高山祭の屋台行事」(岐阜県)▽「壬生の花田植」(広島県)▽「佐陀神能(さだしんのう)」(島根県)▽「那智の田楽」(和歌山県)▽「綾子踊」(香川県)▽「諸鈍芝居(しょどんしばや)」(鹿児島県)▽「多良間の豊年祭」(沖縄県)▽「建造物修理・木工」(財団法人文化財建造物保存技術協会)。【本橋和夫】

【関連ニュース】
社説:視点 長命社会 都市にこそ「結い」の場を
世界自然遺産:推薦の小笠原諸島を審査へ IUCN
雑記帳:吉幾三さんがふるさと親善大使に 青森・西目屋村
銀閣寺:修復完了 渋い輝き戻る
道の駅しゃり:知床旅情50周年、記念切符配布へ /北海道

<新型インフル>広報、危機管理強化を 厚労省対策会議提言(毎日新聞)
<掘り出しニュース>水耕栽培のトマトたわわ 朝夕にモーツァルト、客の声がけも(毎日新聞)
<菅首相>「小沢流選挙」修正に乗り出す 実行不確実な面も(毎日新聞)
衆院は菅氏を首相指名 社民は福島氏に投票(産経新聞)
川崎「おさかなポスト」に捨て観賞魚、年1万匹(読売新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/x6o5lxom/archive/20
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。