家族八景

January 23 [Mon], 2012, 15:18
家族八景筒井康隆にはまる人は多いでしょうが、私もその一人でありました。
小学校の時に時をかける少女を読み、もちろんNHKドラマタイムトラベラーも観て中学高校辺りで家族八景三部作でックアウト、他の作品も片っ端から読む。
と言うよくあるパターンでした。
他人の心が見える、という設定だけなら誰でも考えつくところを、それを誰より面白く小説化するというのが凄いところだと思いました。
個人的にはメタモルフォセス群島収録の短編走る取的が何故かいまだに印象が深く残っています。
普遍的な恐怖感、無力感、人生の虚しさが集約されている作品だと思います。
結末は真逆だけどスピルバーグのデビュー作激突にも通じる怖さがあります。
今回私の好き恋愛 出会いな女優、木南晴夏ちゃんが初主演で三回目のドラマ化と言うことで楽しみにしています。
過去二作も多少観た記憶はあるのですが詳細の記憶はありません。
主演は多岐川裕美と堀ちえみ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:x6ide8mbwc
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/x6ide8mbwc/index1_0.rdf