ファンドマネージャーとは?

February 08 [Fri], 2013, 10:49
ファンドマネージャーが殺されるという事件が起こりました。

そしてファンドマネージャーという職業が世の中に出てきました。

今までは投資をする人しか関係のなかった職業ですが、
ここへきて俄然その職業が注目を集めています。

と言っても、最近では投資は誰でもできるものになりつつあって、
≪サラリーマン向け投資入門≫
などもあり、投資自体が庶民のものになりつつあるので、
ファンドマネージャーという職業も、馴染みのあるものになりつつあります。

しかし、まだまだその実態を知る人は少なく、
自分の周りにはそんな人はいないというのが実情でしょう。

今回殺害されてしまった方は、年収5億円とも言われる方で、
かなりの遣り手だったようです。
日本の証券会社に入社して、その手腕を高く評価され、
退職後は、スイスやオーストラリアなどを行ったり来たりしながら、
顧客の資産の運用などをしていたらしいが、
一方で損害賠償請求訴訟を犯されるなどのトラブルを抱えていたようです。


確かに投資というものは儲かれば大きな財産を手にするチャンスはありますが、
失敗した場合のリスクも大きなものになってしまいます。
それを理解した上で、ファンドマネージャーに資産を預け、
運用をしてもらうのですが、
ファンドマネージャーも人の子です。
絶対に儲かるわけではなく、失敗することも必ずあり、
その金額が大きければ大きいほど、恨む気持ちもわからなくはありません。

だから訴訟問題になることも多く、
浮き沈みの激しい仕事であるということは間違いないでしょう。

とはいえ、年収5億円なら、一度成功をしたならば、
欲をかかずに止めてしまうのが賢明ですが、
そうもいかないのが人の子というものです。
それだけ大変な仕事ということができると思います。

しかしいくら5億円稼いでも、殺されてしまっては何にもなりません。
生きていてこそのお金で、墓の仲間で持って行くことはできませんからね。


それにしてもファンドマネージャーという職業は、
儲かる人は儲かるものだと、改めて感じていますが、
そこまでになることは難しい話で、
我々がいくら投資の世界の勉強をしたところで、
自分の利益を出すだけで精一杯で、
人のお金を増やすことなど、夢のまた夢なんでしょうね。

とはいえ、収入が増えない今の世の中、
投資をすることが大切なのは間違いない話です。









P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:はると3dju
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる