もんじゅ 炉心確認試験、5時間遅れで終了(毎日新聞)

May 13 [Thu], 2010, 13:52
 14年5カ月ぶりに運転を再開した高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市、28万キロワット)で、初日の6日午前10時36分から始まった炉心確認試験が予定より約5時間遅れ、7日午前3時48分に終了した。炉心の反応度が予想より高く、制御棒の微調整が求められたためで、日本原子力研究開発機構(原子力機構)は「安全性に影響はない」としている。

【ニュースが分かる】核燃料サイクル トラブル続き 見えない先行き

 原子力機構によると、19本の制御棒のうち18本をほぼすべて引き抜き、最後の1本を調整しながら、核分裂反応が連続して起こる「臨界」の位置を確認していた。しかし、反応が進みすぎるなどして、83センチ引き抜いた12本を約3.5センチ戻したという。

 炉心にある燃料198体のうち新しいのは6体で、残りは95年のナトリウム漏れ事故以前の製造。原子力機構は燃料の劣化で、制御棒をかなり引き抜かなければ臨界に達しないとみていたが、「思った以上に反応がよかった」としている。臨界は、予定通り8日午前10時半の見込み。【酒造唯】

【関連ニュース】
「もんじゅ」は、通常の原発とどう違うの?
原発は人間関係の亀裂つくる 「原発スキャンダル」出版
もんじゅ:再開に期待と懸念
もんじゅ:運転再開 火災から14年ぶり

木村嘉子さんの抽象画を誤って廃棄? 大阪府立現代美術センター(産経新聞)
石炭火力 インドに省エネ指南 経産省 インフラ売り込みへ(産経新聞)
長塚京三さんも被害… 東京・台場のホテルで計19台車上荒らし(産経新聞)
首相が一部移転を正式要請、徳之島3町長は拒否(読売新聞)
<俳句塾>ニューヨークで最終回(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/x6b8l1b0/archive/69
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。