青森市で官製談合 公取委が改善措置を要求(産経新聞)

April 23 [Fri], 2010, 11:51
 青森市発注の公共工事をめぐる官製談合問題で、元副市長が業者から依頼を受けて指名業者をグループ分けし、談合を幇助(ほうじょ)していたとして、公正取引委員会は22日、官製談合防止法に基づき、市に改善措置を求めた。自治体への改善措置は平成20年の札幌市に次いで4件目。15年の同法改正で適用対象となった幇助で官製談合を認定したのは初めて。

 また、公取委は同日、独禁法違反(不当な取引制限)で市内の建設業者約30社に排除措置と約3億円の課徴金納付を命じた。

 公取委によると、米塚博元副市長は自治体経営監だった18年4月、業者の提案を受け、規模や実績を踏まえ最上級のAランクに格付けした業者30社を10社ごとにグループ分けし、発注の都度、1つのグループを指名業者とするよう市契約課に指示していた。各社はグループ内でどの社が落札するか事前に調整していた。

 公取委の野口文雄審査管理官から改善措置要求書を受け取った鹿内博市長は取材に対し「大変申し訳ない。しかも幇助ということで、改善措置に従って市として対応していく。二度と談合がないように改善していきたい」と話した。

【関連記事】
年間で40億円を6社で?! 航空自衛隊の官製談合
前宮崎県知事側が上告 官製談合で実刑
経済への影響避けたい…岩手県、談合78社の処分を半減
空自がメーカーに談合方法指南? 公取委が官製談合を認定
青森市元副市長の官製談合を認定 28社に課徴金2億9千万円命令へ
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

仕分け第2弾は天下りにメス、47法人を決定(読売新聞)
水俣病東京・大阪訴訟、和解向け事前協議入りへ(読売新聞)
渋谷の新しい顔は「ヒカリエ」(産経新聞)
車掌キセル、聞き取り調査は本人のみ…相模鉄道(読売新聞)
橋下氏市長選「出馬」発言に平松市長「的外れ…」(読売新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/x5dlwxu5/archive/10
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。