子ども手当の金額、市町村の裁量で決定 政府の検討会議(産経新聞)

April 29 [Thu], 2010, 12:24
 新しい子育て施策の制度設計を検討する政府の閣僚会議「子ども・子育て新システム検討会議」は27日、平成23年度以降の子ども手当(1人あたり月額2万6千円)について、市町村の裁量で給付金額を決定できるようにする方向で一致した。極端に給付額が少なくならないよう国で最低額は設定するが、一部を保育サービスのバウチャー(利用券)で支給することもできるよう、市町村で選べるようにしていく考えだ。

 検討会議がまとめた新制度の基本方針によると、子育て施策の権限と財源は原則、市町村へ移譲する。子ども手当と保育サービスの財源配分や保育サービスの内容は、市町村が自由に決定できるとしている。

 子育て施策の財源については、今まで各省庁ごとに縦割りになっている仕組みを「特別会計」または「基金」に一元化し、国、地方、事業主がそれぞれ費用を負担する。財源は市町村に交付されるが、子育て施策以外には使用できないようにする。

 また、鳩山政権の目玉の「幼稚園と保育所の一体化」に関しては、「子ども園」(仮称)に名称を統一し、サービスを徐々に共通化していく。

 来年の通常国会に関連法案を提出、25年度から完全実施していく方針だ。

【関連記事】
「タイで養子」子ども手当554人分申請 韓国人男性、尼崎市が受け付け拒否
子ども手当「現金支給増なら政策ゆがむ」 京都府知事が苦言
「子ども手当、貯蓄に」 支給対象世帯の7割
大量申請の懸念現実に 審査厳格化では限界も 外国人の子ども手当
子ども手当に外国人殺到、自治体職員怒りの声

友人「背中押した」 多摩川高校生水死 生徒2人書類送検へ(産経新聞)
[事業仕分け]50km/hじゃダメなんですか?(レスポンス)
舛添氏、新党改革旗揚げ後初の講演「中選挙区制を」(スポーツ報知)
亀井郵政改革・金融相「花も嵐も乗り越えて、鳩山政権は突き進む」 小沢氏「起訴相当」で(産経新聞)
「党内ゴタゴタだめ」小沢氏が青森で団結強調(読売新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/x52wtuo0/archive/13
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。