そろそろ花粉症かな?

January 13 [Fri], 2012, 15:00
それが花粉症の予防、対策、改善に効果を発揮するのだとか。フラボノール配糖体と糖脂質が花粉症の誘因因子を抑制する働きがあるようです。
青汁は緑黄色野菜をすりつぶして作るので、一般的に『青臭い』『まずい』というイメージが強くなっています。
そのため、緑黄色野菜であれば、すりつぶしてできあがるものはすべて『青汁』となります。

基礎代謝が向上すると体内の脂肪が燃焼しやすくなるので、ダイエットにはもってこいと言えるでしょう。
青汁は昔からある健康食品ですが、野菜不足が特に懸念されている現代、青汁の持つ健康への効果がますます注目されてきています。
原料にこだわって作られた青汁を選ぶと、それだけ安全性も高くなります。特に、農薬や化学肥料を使用して育てた青汁には、薬が残留している可能性もあります。

青汁と言うと、健康面への優れた効果が有名ですが、実は女性にうれしい美容効果も期待することができます。特に青汁は原料が緑黄色野菜です。
便秘を改善しつつ、健康効果を狙いたいのか、それとも、むくみを改善し、健康効果を狙いたいのか・・・。目的がはっきりしていると、選びやすいですね。
安全な栄養補給食品と考えられます。青汁には、「葉酸」という栄養素も含まれています。この葉酸は、おなかの赤ちゃんの成育にもよいと言われています。

飲まないほうがいいとされています。心当たりがある方は、医師に青汁を飲んでもOKなのか、確かめてからの方がよいでしょう。
明日葉は、元々名前が「今日摘んでも、また明日には生えてくる」ということからついたせり科の植物です。八丈島や伊豆諸島といった温暖な場所で栽培されています。
そして青汁の粉末を入れるだけ。インスタントコーヒーでカフェオレを作る感覚ですね。少しだけ牛乳を分けておいて泡立てミルクにして、青汁ドリンクの出来上がりです。
マグネシウムが約4倍も含まれています。また大麦若葉に含まれるSOD酵素は、「スーパー・オキシド・ジスムターゼ」と呼ばれる酵素です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:たけしまる
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/x4ukhslli/index1_0.rdf