学校の認識不十分 江戸川虐待死 都審議会が最終報告(産経新聞)

May 15 [Sat], 2010, 20:55
 江戸川区の小1男児が1月に両親から虐待を受けて死亡した事件で、都児童福祉審議会は11日、虐待に対する学校の認識が不十分で、関係機関の連携が不足していたとする最終報告書をまとめ、石原慎太郎知事に防止策を提言した。

 報告書は、昨年9月に担任が男児の顔のあざに気付き、副校長らに報告したが、学校は当時、児童相談所に通告しなかったと指摘。担任らが家庭訪問したが、虐待が繰り返されているとの認識も足りなかったとした。

 また男児の入院や長期欠席について、区の子ども家庭支援センターや児童相談所と情報が共有されなかったことも問題視した。

 防止策として、虐待の疑いがある児童に対し、養護教諭らを加えて学校が組織的に対応し、子ども家庭支援センターの担当者も学校任せにせず、自ら児童の安全を確認すべきだと提言した。

小沢氏を3回目の聴取へ 東京地検特捜部(産経新聞)
郵便不正 共謀者は有罪…矛盾判決、調書採否が原因(産経新聞)
「普天間」先送り 閣僚が首相擁護(産経新聞)
<スズメ>激減? 日比谷公園で全数調査(毎日新聞)
平城宮跡守った情熱、今も 91歳学者が集大成14巻出版(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/x3qinbiu/archive/15
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。