久しぶりにビックリした。

October 08 [Sat], 2011, 15:10
先月、バイクに跳ねられて意識不明になっていた子供に心肺蘇生を施し、その後救急隊に引き継いだのだが心の中ではもうダメかなって思ってしまっていた。今までたくさんの人の死を見てきてるせいもあるけど、普通では忘れられない出来事なのに自分は気づけばすっかりその事を忘れて日常の生活に戻っていた。今日のお昼前、ホント久しぶりにビックリした。なんと、その子とご両親がわが家に来たのだ。車椅子に乗ってはいたが、その子の顔を見た瞬間にあの時の子だと思いだしあれだけの状況で助かったことに本当に驚いた。良かったね。ただ少しだけ障害が残ってしまったらしいでも、あれだけ頭部に高エネルギー外傷を受けてもこうやって元気な姿を見せてくれたんだから絶対に良くなる。その子はまだ小学一年生であの時慣れ株式会社エース 悪徳ない自転車の練習をしていて、ふらきそしてバイクに跳ねられてしまったらしい。ご両親が、涙しながらお礼を伝えてくださった。そして、その子の一生懸命のありがとうに自分も涙がでてしまった。しかし、おれは人にお礼を言われるほど善人でもなんでもない。おれはクズヤローだ。変わりたい
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:x3f9i1g228
読者になる
2011年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/x3f9i1g228/index1_0.rdf