主力級の種牛5頭陰性…4回目検査(読売新聞)

May 29 [Sat], 2010, 20:44
 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、県は26日、経過観察中の主力級種牛5頭について、25日に採取した検体が陰性だったことを明らかにした。

 7回の検査のうちの4回目。

 一方、一般家畜の感染拡大は続いており、25日夜には新たに同県川南(かわみなみ)など4町、26日には3町の計18農場が加わり、発生(疑い例も含む)は2市5町の218施設、殺処分される家畜は合計15万2357頭に達した。木城町(きじょうちょう)では、豚3頭がワクチン接種の2日後に発症したことが判明。県は「ワクチンの影響ではなく接種の効果が出る前に発症した」と説明している。

口蹄疫 消毒マット、触れ合い中止…動物園「広まれば閉園も」(産経新聞)
人工呼吸器「外した」ALS専門医9人(読売新聞)
女子高生わいせつ警官「捜査資料で連絡先知って」(読売新聞)
<普天間移設>民主も首相批判噴出 小沢氏沈黙、助け舟なし(毎日新聞)
国内サーバーも遮断=画像発見後、速やかに―ネットの児童ポルノ接続・政府(時事通信)
  • URL:http://yaplog.jp/x3bgdsok/archive/17
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。