爪や足の身ばかり

October 24 [Fri], 2014, 1:36
花咲ガニの特徴はその体に堅固なトゲが所狭しと突き立ち、その脚は太く短めだが、太平洋の厳しい寒さでしごかれた噛み応えのある身は例えようがないほどおいしいものです。
身が隙間なく埋まっているワタリガニの雄テーストが絶品です。火で熱くした甲羅に、熱燗のお酒を入れてから口に含むと、カニ味噌と互いに影響し合って、豊富ないい味を賞味できるのです。
ひとくち貴重な花咲ガニを口にしたら、他に引けをとらない口に広がる濃厚な風味は深い感銘を与えるはずです。大好きな食べ物がひとつ追加されることになっちゃいますよ。
質の良いタラバガニを選別する方法は、外から触った感触がこちこちのタイプや重くて厚みを感じる事が出来るタイプがいっぱいの身が隙間なく埋まっていると伝えられています。見に行くことがあった場合には、考察すると分かるでしょう。
通例カニと聞くと、身を口に運ぶことを想定すると思いますが、ワタリガニでしたら爪や足の身ばかりではなくボリュームがある肩の身やカニミソを食べ、とにかく新鮮なメスの卵巣はたまりません。

キング・タラバガニがたじたじとなるほどの食べ応えと、タラバよりもっと深く濃い舌の感覚へのこだわりがある人には何といってもうまい!といわしめるのが、根室市で獲れる旬の花咲ガニでしょう!
到着後手早くテーブルに出せる状態になった品もある事もタラバガニが欲しいとき通信販売でお取寄せするありがたいところともいえるのです。甲羅の内側
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:x2bd5
読者になる
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/x2bd5/index1_0.rdf