大きな売買ばかりを行うのはリスクが大きいです

May 11 [Fri], 2012, 7:48
大きな売買ばかりを行うのはリスクが大きいですから、割合小さい金額で自分の決まりを留意しながら売買を行うのもいいはずです。何といっても売買を躊躇なく大変スムーズに行うには、一寸のマイナスを許容できる気持ちがつぼとなります。

レバレッジを制御することで、 リスクやリターンのラインを調整することがFXでは重要な対策です。値動きや傾向に関連性の薄い2つ以上の金ペアに元金を分散するようなポートフォリオはリスクヘッジの面で効果があるといえるでしょう。

−今日のFX用語−
■アゲインスト
「アゲインスト」とは、ポジションを市場レートで評価した場合に評価損が出ている状態です。逆に利益が出ている場合は、フェイバー(Favor)といいます。

ドルコスト平均法は、為替のもみ合い状態

April 02 [Mon], 2012, 6:37
ドルコスト平均法は、為替のもみ合い状態では奏効なトレードの手法ですが、下降トレンドではナンピン買いと同じですので戒告が必要です。平均的な為替の数値から突然乖離した場合、平均値に戻ろうとして調整されますから、移動平均線を認識してみたいですね。 最適な投資配分を保つし失敗の根拠を解明することで腕前を進捗させることができます。一見かなりお安いなことですが、初めから安定してプロフィットを出せると動機が沸きますね。 運用成果が大して発展しないトレーダーのひとは、一度自分の売買方法の問題点を対処してはどうでしょうか。それはそうと、市場の大きな流れを読んで投資するポジショントレードだと、売買回数が少なくていいのが特長でしょう。 なによりFX は自動取り引きがきわめて充実してますので、有効的に使用すれば時間効率がとっても改革されます。 −今日のFX用語− ■マージンコール 「マージンコール」とは、FXにおいて損失が拡大し、証拠金がある一定の水準を下回ったときに、保証金の追加を強制依頼するための通知のことをいいます。

利益を殖えるしていくのに大切なことですが

December 31 [Sat], 2011, 7:34
利益を殖えるしていくのに大切なことですが、一度決めた投資期間は変更しないくらいの踏ん張りがなければいけませんね。関連して、不可欠ですから覚えておいて欲しいのですが、金利が上がれば円貨も上がるという傾きを持っています。

しかし FX の世界でもさまざまな因縁があって、決して安全圏というものはないですね。FXで長期的にちゃんと勝つためのポイントは、損切り(ロスカット)と利食い(リミット)のレベルを在来決めておくことなのですね。まあ、利益を確定するかどうかの判断は苦しいと思うときもありますね。相場が反転してプロフィットをとり損ねるのは心配です。

−今日のFX用語−
■ケーブル
「ケーブル」とは、イギリスの通貨、英ポンドの通称のことです。GBPと表記します。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かいとまろ
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる