バケツリレーの美

June 02 [Thu], 2011, 1:34
昨晩は書けませんでしたので、今日昼に少し、晩たくさん、そんな予定。10分で書かないとゼミが始まるので駆け足で。昨晩、梅田氏と総代会資料を完全に担当分けて、せっせと作っていたときの会話。梅私こういう分業好きやわ南ちなみに、嫌いな作業は梅うん、効率的じゃない作業南そういうことねその後、最近の若者世のおばちゃんたちはなぜあんなに効率の悪い作業形態を取るのか、というか効率の良さを考えずにごっちゃら作業を進めていくのか、という話を少ししました。そして、これにいては南も以前から考えていたことなので少し日記にも書いとこうと思います。例えば。モスゴイ量の計算を行うとき、おそらく世の中の人は二のタイプに分かれます。まぁ一ず計算してたら、いかは終わるさと何か便利な数式を作れないものかの2タイプ。そして、まぁできる限り後者でありたい、という南の願望があり。たとえ結果的に一秒早くなるだけでも、むしろ一秒早くなるのであれば、システム的な効率化を図ることシミュレーションを繰り返すこと、そういった頭を使うことを億劫に感じない人間にワタシはナリタヒ、と日々思っているという次第です。だから、バケツリレーがどのタイミングで発案されたかはわかりませんが、一人ひとりがバケツもって往復するより遥かにスムーズで混乱もなく、一体感も生まれるあの作業が、もし現場の誰かによって発案されたならなんと美しいことよ、なんて思うのでした。また夜会いましょう今度こそ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:x1aax8el5d
読者になる
2011年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/x1aax8el5d/index1_0.rdf