自分の配偶者を調査してもらったところ

March 25 [Wed], 2015, 18:18
自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が発覚したならば、別れるべきか否か心が乱れますよね。そうならないように、探偵事務所に依頼の電話をかける前に、あれこれ考えを巡らせておくべきです。



夫婦であれば不貞があっていけないのは当然のことですから、当然の権利として慰謝料の支払いを求め、結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は「実費」と「時間給」です。実費には移動にかかる費用、写真現像代やフィルム代といった費用になりますが、調査の際の食費が上乗せされることも少なくありません。また、時間給は調査員の人数×調査時間で、算出した費用です。浮気調査を行う期間が短ければ支払いも安くすみます。探偵の浮気調査を例に挙げても失敗したりするようです。


探偵は浮気調査をよくやっていても、思わぬミスをすることがありえます。配偶者がいきなり車や電車を使ったり、尾行者の存在に気づく時もあるでしょう。また、浮気調査期間中に不倫相手と密会しない場合には証拠を掴みきれません。


成功報酬で料金設定をしている探偵事務所は、結果として成功した調査でないと料金が発生しないという懸念があるため、成功報酬の金額は割高に設定されていることがほとんどです。



そのようなケースも勘案した場合、成功報酬だからということで、浮気調査にかかる費用が必ず安くなるなんてことはありません。調査に対するこれまでの実績などもチェックして、料金システムに関して不安がない探偵事務所に依頼すれば心配ありません。
探偵が尾行する際の料金はと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが、1時間で1万円から3万円ほどと考えてください。



当然のことですが、調査員が少数なら安く、多ければ多いほど高くなります。そして、尾行時に車とかバイクで行う場合、交通費や車両費といった名目で別途請求があがってくることがありますので、要確認です。自分でやみくもに動き回るよりは、専門家である探偵に浮気調査を依頼しましょう。探偵に依頼すると、欲しい浮気の証拠がつかめます。
自分で手を尽くして調べてみても、浮気している事実くらいならすぐにわかります。


でも、パートナーに詰め寄っても浮気を認めようともしなかったら、有利な条件を引き出して離婚することは不可能です。
有利な条件の離婚には確実な証拠がどうしても要ります。



日頃、相手の行動の様子をよく見ておくことはだれにも頼まずにできることですが、浮気の事実を決定づける証拠を押さえるためには、その道のプロとして技術をもつ探偵に頼んだ方が失敗がありません。そして、探偵に頼むという事は、浮気に関する証拠が手に入る、ということにとどまらず、豊富な経験から、様々な助言をもらえるということも、貴重なのです。



探偵による調査は高額ですから、単純に、「じゃあ自分で尾行しよう」とする人がいるでしょう。難なく尾行しているようにテレビドラマを見れば思ってしまいますが、実際にやってみるとそう簡単ではなく、変に思われず相手を見張り続けるというのは簡単じゃありません。気付かれてしまえば相手も対策をとるので、浮気をウヤムヤにされてしまう場合だってあります。



絶対に相手の尻尾を掴みたいなら、浮気調査は探偵がしたほうが確実です。

浮気調査は専門家への依頼が一番と言われる由縁は悲しみの余りその場で暴力に訴えてしまうおそれがあります。
強い心を持っている人でも、いざ自身の目で浮気現場をみてしまうと自分を見失ってしまうケースが多数確認されています。貴方自身のためにも、浮気の証拠を押さえるためにも、浮気調査は是非とも探偵にご依頼ください。

 探偵が用いている追跡グッズとは 自分で買うことができるかといえば、購入できます。
一般的に、追跡グッズはGPS端末を用いて用いることが多いのですが、どんな人でもネット等で買えます。



車に載せるGPS端末は、普通は、車が盗まれたときのために備えておくものですから、誰でも買えるのは当然です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:x0rc4-j
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/x0rc4-j/index1_0.rdf