胃がんの治療に有効なフコイダン

November 07 [Mon], 2016, 10:12
胃がんというのはピロリ菌が原因となることが少なくありませんが、今回はフコイダンを活用した胃がん治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)に関しての話題になります。

そもそものお話ですが、フコイダンとは昆布(トロロコンブであるガゴメを好んで食べる地域もあります)やワカメ、モズクに含まれている粘質物にたくさん入っている食物繊維(六番目の栄養素として、様々な働きをしてくれます)の事を言うんですね。

そしてフコイダンには、抗ガン作用があるということで胃がんの治療法に使われている医療の現場g一部には実際にあるのです。

フコイダンと呼ばれる物質が、なぜ胃がん効くのかと申しますと、アポトーシス作用を持っていることから「ガン細胞が自分で死滅する」「免疫を活性化させる」「ガン細胞による血管新生を抑制する」と言った作用があるからなんですね。

ただし、まだ確立された治療の方法ということではなく、あくまでも民間療法(ただの迷信であることもあり、科学的に効果がないことが証明されていることも少なくありません)的な位置づけに止まっているのであります。

要するに考え方としては、健康食品みたいな感覚で取り扱うと良いかもしれませんね。

胃がんの発症などで体力が落ちている方には、民間療法(医学的な根拠はなくても、効果を実感する人もたくさんいます)のフコイダインやアガリスクなどが、大変に健康効果が実感できると言われています。

この治療の方法は、胃がんを完治させるというものではありませんが、ちょっとでも症状が楽になる為したら、こういう治療の方法を試してみるのもいいかもしれませんね。

何と言っても後遺症や合併症の可能性がある胃がんの手術よりも、フコイダンで良くなるなら、それに越したことはないでしょう。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:すすむx03lqs7s
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/x03lqs7s/index1_0.rdf