引越しする際の一括見積もりを初めて活用しました

April 28 [Thu], 2016, 7:58

友達が紹介してくれたので、引越しのサカイに見積もりを出してもらいました。







とても好印象の営業スタッフがやって来て、親身に相談にのってくれたのです。







思っていた以上に安い値段で見積もってくれたので、その日のうちに即決しました。







引越し自体もものすごく丁寧に作業してくれて、きわめて満足しました。







引越しを行う時のコツは、新居の間取りを念頭において、荷造りをしていくということです。







段ボールなどに荷物を詰めていく時に、荷物をどこの部屋に置くのかを考えて、ダンボールにメモしておくと新居に到着してからムダな動きを減らすことができます。







そして、手続きに必要なものは計画を立てて行うと良いです。







住む家を変えると、電話番号が違うものになることがあり得ます。







同一市区町村内の引越しのと時でも、異なる収容局になると、使用していた電話番号が使用できなくなるでしょう。







電話番号変更のメッセージを流すことも可能ですが、新住所とあわせて、変更後の電話番号も必要なところにはお知らせしておいた方がいいです。







引越しすることが決まったときに、住民票の処理は早めにしておくよう心がけていました。







まずは私が転出届の手続を行い、主人が引っ越しのその当日に、転入届を提出ができるように、日取りをきちんと考えておいてどたばたぜずに引越ししました。







住民票の移動のほかにも引越しというイベントはいろんな手続きに忙殺されがちなので忘れないようにちゃんとリストにして「見える化」しておいて、計画的に進めることが必要だと思います。







引っ越しの市価は、ざっと決まっています。







A会社とB会社において、50%も違うというような事考えられません。







勿論、類似なサービス内容という事を前置きにしています。







最終的に相場より安価だったりするのは、その日のトラックや作業員が空いていたりする場合です。







転居のため荷物をまとめる時に皿やグラス等、割れやすい物はタオルや洋服などで梱包します読み終えた雑誌や、新聞もいいですが、思ったより量が多くなり、処分が困難です。







転居が完了すると、たくさんの空きダンボールが発生しますし、それに加え紙ゴミも発生すると意外とスペースを取ってしまいます。







引越しをする場合の手続きの一つに、転出届を届けるということがあります。







ただ、その届は現住所と新住所が違う市長村の場合となります。







同様の場合は、転居届になります。







手続きをする目安は、引っ越しの2週間前とか引っ越し先が決定後すぐなど、市町村によって違いがありますので、早めに確認をするのが確実です。







私も転居した際に運転免許の住所を取り替えました。







交換しないと、更新の手立てが滞り無くできません。







住民票を移転させるのと同じように早期に運転免許も変更しておいた方が後々が気楽です。







失念せずに、行っておきましょう。







引越し業者にお願いせず自力で行うことがあるでしょう。







特に、近い距離での引越しだとトラックも使用せずに荷物を移動させることは可能でしょうが、台車を用意した方が便利です。







屋内の移動の場合には分かりにくいですが、ほんの小さな家具などでも案外重たく感じるものです。







引越で古い方の部屋を出て行くときに起こりうるトラブルとして、お金のことがあります。







部屋を明け渡す際にどのような費用がかかるのか、どのような場合に弁償する必要があるのかなど新しい部屋を借りる前にちゃんと確認しましょう。







また、納得がいかないまま請求をされた場合には、支払う必要のない費用が含まれているかもしれないので、大切なことは、正しい知識を身につけておくことです。







引越しする際の一括見積もりを初めて活用しました。







多数に問い合わせする手間がかからなくて、ほとんど苦になりませんでした。







活用した後、いくつかの引越し業者から、見積りのためにお会いしたいと電話がはいりました。







重ならないように調整するのが難しかった。







引越し業者にお願いせず自力で行うケースがあるでしょう。







特に、近距離の引越しだとトラックも使用せずに荷物を運んでいくことはできるでしょうが、台車があった方が便利です。







室内の移動時には想像しにくいかもしれませんが、ちょっとした家具であっても意外に重たく感じるものなのです。







できる事であれば、引越しの日は晴れてほしいです。







もし、雨天だったら、大変だと思うのです。







そのままだと、あれもこれも濡れてしまします。







テーブルや椅子、冷蔵庫もです。







雨が降らなかったら、そのまま運べるだろうに、雨の場合には、シートが必要になります。







それは、かなりの労力が必要になるでしょうし、家具や家電が濡れるのもイヤです。







引っ越し時に重要な点は、頑丈でない物を厳重に包むという点です。







電化製品で箱がついてるなら、何の問題もありません。







しかし、箱を処分してしまった場合も多いでしょう。







そんな際には、引っ越し業者の人に梱包してもらうと問題ないです。







引越の際にその場に立ち会って、確認するのは面倒だと思ってもしっかりやっておくことをおすすめします。







賃貸料金の発生する物件の場合には、不動産屋の担当者や物件のオーナーさんが立ち会うことになります。







敷金をいくら返すかに関わってきますから、とにかくキレイにクリーニング作業をしておいてください。







また、リフォームを要するところを、両者がチェックすることで、トラブルを未然に防ぐことにもなります。







近い場所への引越しの際は、大手の引越しの業者と比較して、地元密着型の引越し業者がよりいい場合もあります。







地元密着型の引越し業者というのは、料金が安くて細かな要望でも応えてくれるところが多いです。







また、自分で運べるような荷物は自身で運んでしまって、大型家具や家電のみ引越し業者に頼むと、引越し費用を節約できるかもしれません。







私は引っ越しを行ったのを機に、家の中にあふれていた不用品を買取りしてもらいました。







使わない家具や着ない洋服など、かなりいろいろとありました。







業者の方に家まで来てもらって、隅から隅まで査定を行ってもらったのです。







すると、思いがけない査定額となりました。







不用品が、なんとお金になったのです。







かなりありがたかったです。







家を移るということは非常に大変ですが、犬が家にいる方の場合はもっと大がかりになるではないでしょうか。







なぜかというと、引越し当日、犬が家を移るときの妨げにならないように見張っておく必要があるからです。







犬を転居先まで連れて、引越しトラックが着く前に到達していなければなりません。







引越し業者でメジャーな会社は、いっぱいあります。







メジャーどころの運送会社として日本通運なんかはとくに有名だと思います。







日本通運は、日通と呼ばれることもありますよね。







日通というのは引越しだけでなく、古美の輸送なんかでもとっても有名で、業界シェアのナンバーワンとなっているのです。







そう言われるとなんとなく引越しの荷物も丁寧に扱ってもらえそうな気がしてきますね。







引越しをするときには、ダンボールに荷物を入れていく作業はわずらわしくても、欠かさずにやらないといけないことです。







ひとつその作業のコツをして、重量があったり壊れやすいものは小さい箱へ、かさばるもについては、大きめの箱に詰めるというポイントです。







荷物を入れたダンボールには品名だけではなく、運んで欲しい部屋も書いておくようにするほうが引越しのときにスムーズに荷物を運べるようになって便利です。








あぁ、倹約生活
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:x03bx1c
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/x03bx1c/index1_0.rdf