2012年発売のブリヂストン ツアーステージ X-DRIVE GR ドライバーの試打日誌ブログ。ネット最安値情報もしらべてみました

ツアーステージ X-DRIVE GR ドライバーの試打日誌と最安値情報 / 2012年03月31日(土)
ツアーステージ X-DRIVE GR ドライバー
出球傾向は試打した感じですと
私のスイングだとなぜか右に行ってしまいましたが
本来であれば左に飛ぶタイプのドライバーだと思います。

また、操作性がそれほど高くなく
左右に球筋を曲げて打っていくよりは
安定感のある直進性を意識して打ったほうが
このドライバーを活かせる感じがしました。


純正シャフト「Tour AD B12-03w」はかなりソフトスペックで
私のようにシャープに振りぬきたい方には
ちょっと不向きな出来に仕上がっています。



ここでは、ネット通販ショップの最安値情報をご紹介します。
私が調べた所、コチラのお店が1番お買い得だと思います。
⇒ ブリヂストン ツアーステージ X-DRIVE GR ドライバーの
詳細はコチラ


結構有名なお店ですが、見ていただくと分かるように
お手ごろな価格のドライバーが揃っています。

また、このショップでは中古ドライバーも売っていますので
中古で安く買いたい方にもおすすめのショップです。

送料も無料でカード払いもできますので
今後のお買い物に是非役立ててください!
⇒ ブリヂストン ツアーステージ X-DRIVE GR ドライバーの
詳細はコチラ



 
   
Posted at 09:11 / ツアーステージ X-DRIVE GR ドライバーの試打日誌と最安値情報 / この記事のURL
ツアーステージ X-DRIVE GR ドライバーの試打日誌 その3 / 2012年03月30日(金)
ツアーステージ X-DRIVE GR ドライバー
試打日誌 その3です。

飛距離性能は決して悪くないのですが
純正シャフトである「Tour AD B12-03w」が
私にはちょっと相性が悪くて
安定して飛距離が稼げませんでした。


あと、フックフェースなのも原因かもしれません。

普段、フックフェースのドライバーを使っている方なら
このドライバーのポテンシャルを十分活かせると思います。


私には少々扱いにくいドライバーでしたが
もっと沢山打てば安定して飛ばせたと思います。

⇒ ブリヂストン ツアーステージ X-DRIVE GR ドライバーの
詳細はコチラ



 
   
Posted at 08:21 / ツアーステージ X-DRIVE GR ドライバーの試打日誌 / この記事のURL
ツアーステージ X-DRIVE GR ドライバーの試打日誌 その2 / 2012年03月29日(木)
2012年に発売されたツアーステージ X-DRIVE GR ドライバー
試打しました。

出球傾向はフックフェースであることや
球のつかまりのよさを考えると
左方向に飛びそうだと思っていたのですが
なぜか私のスイングだと右に飛んでしまいました(笑)

ちょっと私がフックを意識しすぎたのかもしれません。
何回も打っていったら、徐々に方向性が定まってきました。

球のつかまりは決して悪くないと思いますが
スライスを強制的に修正してくれる
便利なドライバーではないと思います。


⇒ ブリヂストン ツアーステージ X-DRIVE GR ドライバーの
詳細はコチラ




 
   
Posted at 07:19 / ツアーステージ X-DRIVE GR ドライバーの試打日誌 / この記事のURL
ツアーステージ X-DRIVE GR ドライバーの試打日誌 その1 / 2012年03月28日(水)
2012年に発売されたツアーステージ X-DRIVE GR ドライバー
ヘッドの後ろとヒール部分にウェイトが付いています。
多分、球のつかまりを良くするためだと思われます。

GRシリーズといえばドローの球筋が打ちやすい
イメージが私にはあるのですが
今回は球のつかまりをさらに追及しているようです。

実際に試打前にアドレスしてみると
球の捕まりが良さそうに感じられました。

球の捕まりを意識したフックフェースのドライバーは
私はあまり好きではないのですが
今回のツアーステージ X-DRIVE GR ドライバーは
アドレスした感じは悪いイメージが感じられませんでした。


⇒ ブリヂストン ツアーステージ X-DRIVE GR ドライバーの
詳細はコチラ




 
   
Posted at 06:16 / ツアーステージ X-DRIVE GR ドライバーの試打日誌 / この記事のURL
ツアーステージ X-DRIVE GR ドライバーの魅力 / 2012年03月27日(火)
2012年に発売されたツアーステージ X-DRIVE GR ドライバー
ヘッド設計は最薄部0.50mmの薄肉クラウンを採用しており
フェース面はは部分肉厚設計で
新デュアルアローフェースを使っています。

新デュアルアローフェースを採用することで
フェース全体の反発領域が大きくなっています。

また、重心位置にもこだわりがあり
クラウンとフェースをより軽くすることで
重量をバック部分に配分してあります。

これにより、より重心がより深くなりました。

⇒ ブリヂストン ツアーステージ X-DRIVE GR ドライバーの
詳細はコチラ



 
   
Posted at 19:13 / ツアーステージ X-DRIVE GR ドライバーの魅力 / この記事のURL
 
 
Powered by yaplog!

婚活ならパートナーエージェント