映画日記(WOWOW編パート43)

December 15 [Thu], 2011, 20:05
輪廻邦画ホラーホラー評価出演優香。
香里奈。
小栗旬解説35年前に起きた無差別殺人事件の映画化に取り組む関係者に襲い掛かる恐怖の惨劇を描くホラーシアター第2弾作品。
監督は、THEON呪怨の清水崇。
昭和45年、群馬県のホテルで11人が惨殺される事件が起こる。
動機も不明のまま、犯人の法医学教授大森範久も謎の死を遂げる。
35年後の現代。
この事件を題材にした映画の製作に執念を燃やす映画監督の松村。
記憶と名付けられたこの映画のヒロインには新人女優の杉浦渚が大抜擢された。
しかし渚は撮影が近づくにれ不思議な少女の幻覚に悩まされていく。
あらすじ昭和45年群馬県のホテルで大量無差別殺人が発生。
法医学教授大森が、動機不明で11人もの命を奪ったという。
そしてその35年後映画監督松村は、この無差別殺人を映画化しようと計画し、被害者に焦点を合わせた作品にしようと考えていた。
ヒロインには新人女優杉浦渚が抜擢され、松村はキャストとスタッフを引き連れ、事件現場となったホテルを訪ねる。
しかし渚は、どことなく不安を感じていた突然幻覚に襲われ、ホテルの一室に足が向く。
そこは少女が殺された部屋だった。
感想デジャヴってエロマンガ奴それが、普通の出来事ならまだしも、最悪な場合とかって嫌だよね例えば、自分が殺人鬼だったり殺されちゃったりあちきは、最近、あ、コレ知ってるみたいな事があるけど、ちゃんとは思い出せない、競馬とか着順とか思い出せたらいいのにな
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wzj3cnlwd4
読者になる
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wzj3cnlwd4/index1_0.rdf