絵を描くのが好きだった

November 07 [Thu], 2013, 23:59
小さいころから、絵を描くのが好きだった。
描いては「上手いでしょ」と見せるような、うぬぼれが強い子供だ。
保育所や小学校低学年のころはまだ可愛いだろうが、そこを過ぎると何というか、痛々しい。ただ痛々しい。
今思えば、「自分は絵が上手い」と信じて疑わない馬鹿なガキだと目が遠くなる。
当然、そのうち自分などよりもっと素晴らしい技術を持った同級生が出てくる。
中学辺りでやっと察した。
高校で確信した。
自分の絵は別に上手くない。
「絵が上手い」ひとはもっとずっとすごい。
拙い絵を見せびらかしていたあの日の自分を引っ叩いてこんこんと「身の程をわきまえろ」と説きたいが、そんなことができるわけもなく。
そう思いながらも、今も自分は懲りもせず、ちまちまと絵を描いている。
絵を描くこと自体は好きなようだ。
縁があって自分の絵を見てくれた方や、自分が絵を描くことを知る気心の知れた友人に、「絵が好きだ」と言ってもらえるのがしみじみと嬉しい。
結局あの日から何も進歩していない自分は、そんな優しい誰かに幸せをもらってやっと、絵が描けている。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wz8duob
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wz8duob/index1_0.rdf