ローンの借り換えでは担保の再評価がある

November 21 [Sat], 2015, 9:39

ローンを借り換える時は、担保が再評価されることになります。金融機関が、ローンの審査を行う時に担保を評価しますので、借り換え時には再び評価し直します。不動産担保の評価では、不動産鑑定士による地価や、立地条件を含めて判断を行います。今、担保として使う不動産を売り払った時に、いくらぐらいのお金がつくかを診断します。ローンの借り換えでは、担保の評価額がとても大事になります。どのくらいの価値がある担保を使うかで、限度額や金利が決定します。時には担保割れという状況が起きています。担保として使うことが難しいくらい、不動産の価値が下落している時です。融資金額も限度がありますので、ローンの借り換え先が見つからなくなってしまいます。担保評価額は、地価の影響を大きく受けます。近年では全国的に地価が下落傾向にありますので、ローンの借り換えを希望しても、思うようにいかなかったりもします。融資の金額を、担保評価額200%と設定している金融機関もあるそうです。そうすることで担保割れでも融資ができるようにして、ローンの借り換えを可能にしているのです。担保割れが起きているローンの借り換えを行う場合、融資を行う側も返済不能リスクを抱え込むことになります。もしも担保割れしているローンの借り換えをするのであれば、審査のハードルが高く設定されていたりします。

耳をすますと
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆうすけwy0k9vbu
読者になる
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/wy0k9vbu/index1_0.rdf