看護師だった知人は

December 23 [Wed], 2015, 15:16
看護師だった知人は、病気を治療するためしばらく看護師を辞めていました。
しかし、完治させた後は、復職して今も看護師の職についています。

数か月間、仕事から離れていても、資格があれば比較的簡単に職に復帰できるんですよね。
私も時間のあるうちに就職に有利な資格を取っておけば良かったと後悔しています。
日本での看護師の年収は平均して437万円くらいです。でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均すると、593万円くらいになります。


公務員看護師は給料のアップ率も民間の病院より高くて、福利厚生の面でも充実しているのです。準看護師の場合、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。


一般に高給取りだとされている看護師ですが、その給料はどこで働いているかによって、大きく額が異なります。



個人病院、大学病院、公立病院など勤め先はいろいろあります。



看護師が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、都道府県や市町村などによる公立病院や、あるいは国立の病院なら、勤続年数や、どのような立場で仕事をしてきたかなどにより金額が決められていて、それなりの額を受け取ることができるようになっています。

ところが、個人病院の方では、病院によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、とにかく最高責任者である院長先生の考え方一つ、といった面があります。決められた額の退職金を確実にもらいたいなら、公立病院を選ぶと良いでしょう。


看護師になるための国家試験は、年に1度開催されます。看護師の人数の不足が深刻になっている日本のためには喜ばしいことに、ここ数年の看護師資格試験に合格する確率は約90%と非常に高い水準を持ち続けています。看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格可能な国家試験です。


今流行の「街コン」では、たくさんの出会いがありますが街コンへの参加を決める看護師というのは、実は少なからずいるのです。



職業柄、一緒に働くのは女性ということが多いので、なかなか男性と関わる機会がなく、結婚したいと思っている看護師をはじめとして、街コンへの参加は珍しくありません。
街コンにおいても、「看護師」という仕事は人気が高いです。
ですが、せっかくいい相手が見つかっても、後々になって仕事柄、休みの予定が合わない場合もあり、上手くいくケースばかりではないのが現実です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wxfw2zx3ezut91
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる