にんにく卵黄は九州地方の健康食品

May 21 [Tue], 2013, 12:44
そうすることで、にんにくの荒熱もとれます。

次にペースト状になったにんにくを再び弱火にかけ、そこへ卵黄を投入しますが、火が強いと卵黄が固まってしまう為、あくまでも弱火の中の弱火でかき混ぜながら投入してください。

これを続けると、ペースト状からあんこ状へと変化します。

あんこ状態になったにんにく卵黄を次は底の薄いバットなどの容器へ移し替えます。
サランラップなどに大きく薄く広げてもいいかもしれません。にんにく卵黄は、九州地方では昔から健康食品として家庭で作られてきました。
その効果・効能に今では多くの企業が製造しはんばいしています。

実際に家庭で作る場合はにんにくを大きめの鍋で浸るぐらいのお湯で煮ます。

徐々に茹でているお湯の水分が減ってきますので、焦がさないように注意しながら、水分がほとんどない状態になったら残りのお湯を捨てるか、蒸発させてからにんにくをすり潰します。

すり潰すのはそのままの茹でていたお鍋で、ある程度潰れたら泡だて器などに持ちかえて、ドロドロになるまで混ぜ続けましょう。
参照:http://83566545.at.webry.info/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wxeze559
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wxeze559/index1_0.rdf