2012ねん7がつ14にち 長編

August 03 [Fri], 2012, 13:29
IN六甲山ホテル人生で1度きりの大舞台!そんな日なのに2人して寝坊wwどこまでもマイペースです^^朝御飯もそこそこに準備開始!ちなみに、前夜にバス停で出会った仲良しなノリの良いご夫婦にまた会ったよ!美容の部屋に行くまでプランナーさんとのほほんと会話しながらも緊張…ホンマ、朝御飯あんまり食べれんほど緊張だったー!でも、お化粧してもらってるうちにアドレナリンが放出してきてたのしくなってくる・∀・ww着替えとお化粧終わったあたりでみんなに翌゜られて調子のってみた笑ロケーション撮影とか親族写真挙式リハーサルとか色々あって…気づいたら開始時刻の11時。
チャペルの前でお母さんに最後のお願い。
ベールウンしてもらいました♪泣いてる姿を見ると、本当に自分は親元から離れるんやなぁーって実感。
バージンロードはたぁくんと一緒中嶋ひろ 美容師に!ドアが開いた瞬間に見えたみんなの顔が少し奄チて良く見えんかったな笑あの短い距離を歩くだけやのに…色んな人との思い出がめぐって暖かい気持ちになれたなぁー誓いの言葉はきっと自分たちにとって大切な約束になりました^^10年後、タイムカプセルキャンドルを取り出す時には幸せで笑ってたいな♪あっという間に終わった挙式。
フラワーシャワーの前から胸がいっぱいで泣くのを堪えきれんかった。
司会者さん、介添人さんに心配されてハンカチ貸してもらって笑いよいよ、フラワーシャワー!たくさんのお祝いの暖かい言葉ありがとうございます!1人1人の顔ゆっくり見たかったけど、視界が霞んで見れんかった集合写真の準備出来るまでみんながいっぱい写真撮ってくれた/^/カメラマンさん、プロ意識高すぎてまさかの発言で爆笑♪化粧直しやらしてから…ガーデンから再入場*^^*ただ、強風で天然スモークが出来るし来賓祝辞の最中は風に煽られてドレスで立ってたらよろけるし…やばかったなぁwwでも!バルーンリリースしたかったから出来て良かった!室内に移動してからのサプライズスピーチ♪来てくれた人をサプライズで指名してスピーチしてもらうってゆー、ホンマみなさんには申し訳かった・∀・てへそして…まさかのサプライズ!素敵なパンにメッセージ。
涙腺決壊してやばかった!お色直しで中座中にたぁくんにサプライズメッセージ笑反応みたかったなぁーT_Tお色直しで再入場するのにドアが開いたら…ここでもまさかのサプライズ!HAPPYのバルーン持って5人立っててすっごいビックリ!そこから各卓回りながら写真ー♪っとそこにウェディングケーキ登場!運んできてくれた人物をみてみんな爆笑♪両家の父親にコック服着てもらってケーキ運んできてもらいました・∀・ケーキ入刀してファーストバイト。
やっぱり新郎には定番のビッグスプーンで!大きな一口食べてもらって…プランナーさんにサプライズ!太陽みたいにいつも明るくて2人だけの打合せで話したことはあたしを支えてくれて素敵な式にするために一生懸命考えてくれてそれがお仕事のプランナーさんやけどとても感謝してたからプレゼントと色紙をサプライズプレゼント/^/たくさんの、ありがとう伝わったかな?そろそろ…終盤に差し掛かって子どもたちにプレゼントも無事に渡してあたしにとってのメインイベント!手紙を書くのも読むのもホンマ嫌で…照れくさいから出来ればしたくなかったけどがんばったなぁー!!読んでても自分が泣けてくるし。
これが終わったら、長かった1日が終わる。
この、数時間のためにたくさんの準備をしてたくさんのスタッフさんが動いてくれてそしてなにより…たくさんの人との縁・絆を感じて。
結婚式なんてしたくない!って思ってたけど終わってみるとすっごい寂しいあたしのワガママでBGMをゆずにしたいって聞いてくれた音響さん。
サプライズするために頑張ってくれた司会者さん。
最高の1日にするために頑張ってくれたスタッフさん。
なにより…たくさんの打合せでいっぱい要望とか希望を聞いてくれて実現しようと頑張ってくれたプランナーさん。
きっと、六甲山ホテルじゃなかったら出来んかったこともいっぱいあった。
それに…わざわざ来てくれたゲストのみなさん、暖かい雰囲気で結婚式出来たのはみなさんのおかげです!振り返っても幸せな気持ちになれる時間をありがとう/^/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wx0bjxvq3p
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wx0bjxvq3p/index1_0.rdf