国際サッカー連盟の副主席を奪う:確認すればカタールワールドカップ引受権

June 02 [Mon], 2014, 17:42
国際サッカー連盟の副主席博伊斯1日を受け英国放送協会インタビュー調査で、もしカタール2022年のワールドカップ開催権を確かに贈賄行為で、彼は想像できる国際サッカー連盟が再選択2022年のワールドカップ開催国。
現在アメリカ弁護士、国際サッカー連盟倫理委員会の責任者は、国際サッカー連盟の腐敗ガルシア疑惑について調べて、調査報告書は今年後半に公表して、もし調査結果によるとカタール確かに存在しカタール賄賂を、おそらくの引受権は危ういスーパーコピー
イギリス『サンデータイムズ》1日の報道によると、前帝国主席にFIFAハマーン2022年のワールドカップが定着カタール、全部で国際連盟理事に賄賂を500万ドルは、前には国際サッカー连盟副主席を一人ヴァルナ贈賄160万ドル。『サンデータイムズ』によると彼らが握ったハマーンから大量メールや振替記録。
今のところまだ確定を得ることができるかどうか博伊斯の意見国際サッカー連盟会長のブラッターの応答が、もし検証2010年開催国の投票で決定前に確かに存在博伊斯腐敗、国際サッカー連盟カタール引受権を奪うように自信がある。もし我々は確かに不正行為を見て調査報告し、そしてこの行為に投票結果に影響を与え、私本人は、国際サッカー連盟の理事として絶対応援し再投票」博伊斯はこれに対して固い。
FIFAワールドカップ開催権を投じカタールずっと批判、原因はカタール夏暑い天気があまりにも、自分の希望カタールブラッターを手配して試合の冬、これまた各国リーグの正常なプロセスを乱す。(完)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wwwss85
読者になる
2014年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wwwss85/index1_0.rdf