可愛いのーわたしはいじん 

October 02 [Tue], 2007, 23:48
アイドリングってゆーアイドルグループの滝口ミラちゃん可愛いめっちゃ可愛いすげー可愛い。
完全メイド宣言ってゆーアイドルグループのひとみんすげーすげー可愛い可愛い可愛い。

私は、偶像を求め続ける。
必ずメディア(雑誌やTVやDVDなど)に生きる女の子を手に入れて見せる。

これはもはや二つ目の僕の人生のテーマだ。

僕は自分が一流の偶像になる事を目指すと同時に、偶像への憧れも追い求め続ける。

僕はこの欲望を原動力に己と社会と闘う。

つまり、アイドルが大好きすぎて死んでしまいそうなのですね。

けものらしさと 

October 02 [Tue], 2007, 23:48
あー姫はじめたい。

やるべき責務が目の前にあって遊びに行けない。あーもう引き籠りすぎで頭狂う。
元旦からほぼうちにいる。電車にすら乗って無いのですね。

好きな子と一緒にいて遊んだり食べたり話したり交尾したり一緒に寝たりするのは何故あんなに心が穏やかになるんだろう。
大切にしたいし自分が魅力的であるように頑張らねば。

自分はつまらない人間だから人から魅力的に映る生き方は自分の仕事以外に見出だせない。
頑張る。

だらく論 

October 02 [Tue], 2007, 23:47
朝まで起きてて、15時ぐらいまで寝てました。
今日も自宅で仕事しなきゃなのでとりあえず近所のドトール来てコーヒー飲んでますが、至る所で学生が勉強していてへこむ。

苦しくなってきたので今から店を出る。

今年も元気に堕落人間とのバランスゲームですね。






朝まで起きてて、15時ぐらいまで寝てました。
今日も自宅で仕事しなきゃなのでとりあえず近所のドトール来てコーヒー飲んでますが、至る所で学生が勉強していてへこむ。

苦しくなってきたので今から店を出る。

今年も元気に堕落人間とのバランスゲームですね。

正月殺意 

October 02 [Tue], 2007, 23:47
明けましておめでとうございます。
お正月からぶっ飛ばしますが、一緒に年越し迎えていちゃいちゃしながら元旦の早朝電車に乗るアベックはシネ。

アベック、シネ!
アベック、シネ!
アベック、シネ!

ねちょねちょ寄り添って電車の中で一緒に居眠りしてるおしべとめしべが居過ぎでおじゃりまする。

学校の成績状況を事務室に尋ねに行くという両親との約束を破ると言う相変わらずの体たらくなので、1月中に仕上げる仕事もあるし気まずくなったしで帰郷は辞めました。

こたつもお節も無い、相変わらずのアパートで頑張る。

早く姫初める。

皆さん、僕はずっとずっと自己実現を体現する生き方をしていたいと言う10代からの人生のテーマを今年も追求しつづけるし、もっと輝き続けられるよう、社会の中で転落しないよう、自分と社会と闘い続けます。

今年もよろしくお願いします。

ダメおんなあたし 

October 02 [Tue], 2007, 23:47
あたし相変わらず片付けられないダメな女でゴミ溜めの中で鬱になってきたから今からまた掃除する

ダメ動物 

October 02 [Tue], 2007, 23:46
基督が生まれた日に
「会社全体でダントツに一番仕事の能力が無いのは君だ。」
とマネージャーに断言された僕です。
でもその晩は女の子と遊びました。無理もないよね。楽しいもん。

死ね。全員死ね。見ていなさい。

鼻炎がやってきたのにティッシュ持ってなくて、マスクのガーゼを引き千切って鼻かんでる電車内。
早くうち着かないかなあ。

電脳 

October 02 [Tue], 2007, 23:46
今から秋葉原行く

堕落論 

October 02 [Tue], 2007, 23:45
あー、好きな子が好き過ぎる。
仕事の合間にいかに好きな子との時間を作るかばかり考えていて学校や作曲に対して思考停止。

坂口安吾先生、僕を叱って

襤褸、薇、饂飩、糜爛、山田孝雄 

October 02 [Tue], 2007, 23:45
さながら、井戸に突き落とされた哀れな超能力少女のような夜。
バケツ一杯のチョコレートの消費と引き換えに僕は途方も無い万有引力の法則に抗うことが出来なかった。
血走った目。そして元々印字の様に刷られたサディスティックな決め事(原作、脚本、監督:神)

ああ団長、どうかこのショウの最後に道化の渡る綱を解くのはお止しになって。
彼は、彼は滑稽を唄いながらも懸命に向こう岸へ、のっぽのサムと耳の破れた象と踊り子のジョアンナの待つ場所を目指しているのだから。
例え彼の転落(イカロスほどドラマティックでないにしろ)が聴衆の喝采と充足の要因たる出来事だとしても、渡らせて欲しかった。

けどね、僕は出来るだけ長くこの道を歩んでいたいから、まだくじけない。
あまりにも愚か且つ哀れな14歳だか15歳だかを起点に空白を続ける僕の「ある」部分を満たす旅は採算の取れないくたびれたサーカスの様に続くのです。

次の街へ。

数少ない得たものを失うことに怯えつつ大切に抱えながら。

あまりにも多くのポロポロとこぼしてきたものを惜しみながら。

まだ、ゆける。今(この刹那の心理状態)はそう言える。

道化と、団長と、サムと、ジョアンナと、象と、その他いくつかを乗せた荷車はやすやすとは止まらないよ、止まれないよ。

次の街へ。

つぎの、まちへ。

 

October 02 [Tue], 2007, 23:45
色んな歌を聴こうと思う。

先日も歌作ってたけど出来た物がめちゃくちゃつまらんのな。
理由は明確で、形にするべき音の世界が頭の中を満たしていなかったから。

歌を作ると言うのは極めて観念的な行為だが、自分の場合「泉」に喩えられる。

音楽を聴いたり本を読んだり映画や景色を観た時に何かしら感銘を受けた場合、泉から水が湧くと言う比喩がしっくり来る感覚が僕に芽生える。
僕の創造性はその泉を満たす水の量に左右される。

(続く)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wwwooowww
読者になる
2007年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる