パキスタン·マップに対して「アメリカ醸造戦争

November 04 [Tue], 2014, 14:15
パキスタン·マップに対する米国の醸造戦争

「パキスタンのために、米国はすべてのオプションを検討する必要があります。 9月26日、米上院軍事委員会のメンバーリンジーグラハムの発言は、メディアの多くは、と主張して作る「米·パキスタン関係は凝固点に分類されます。 米国によれば、「フォックスニュース日曜日は「彼は米国に今」、米国とアフガニスタンの同盟国に対する敵意の多くに参加する」とパキスタンを非難したことを9月25日に報告した「瞬間の明確な決定をする。 彼は、パキスタンへの米国の支援を調整する必要があり、もはやパキスタンの種類に入る考慮する必要があり、パキスタンに対する実質的な支援を提供しないべきであると提案された「貿易関係、 AP通信によると、グラハムはすぐに軍のため呼び出すことはありませんでしたが、 アクションが、 すべてのオプションだけでは安全を守るために軍を含め、検討されていることを強調した。 これは、世界の多くのメディアがあると解釈され、「米国政府は、パキスタンとの戦争の可能性を検討している。 マイク·マレン、でも米国、「Haqqaniネットワーク」組織パキスタンの間サービスインテリジェンス機関に向け合同参謀本部の議長を退任。 米国とパキスタンの両方に問題の同盟国は、ミューレンの脅威は戦争を意味する危険な転換点に、交差しているようだ、ロイター9月26日に応じたパキスタン軍チーフKayaniが25日に開催されたことを報告した 陸軍上級「特別な」会議は、現在のセキュリティ状況を調査六時間を費やしIWCスーパーコピー販売店ています。 パキスタンの地元新聞「フォーラムExpressは、「上級軍事、参加者は、米国が「Haqqaniネットワーク」の組織基盤がパレスチナの領土に位置していることが、パキスタン軍が米国の言葉に耳を傾けるべきではないことで合意したと言うように無名の役員を引用 攻撃的。 「ヒンドゥスタン·タイムズ」によると、パキスタンの首相ユーセフ·ラザGilaniが25日に米国を訪問し外務大臣ひなを思い出して、総会のさまざまな政党を開催したことを報告した。 これに先立ち、ひな、米国が同盟国パキスタンを失う可能性が警告している。 米国はアフガニスタンで最悪の屈辱を被っている、超大国が完全に信用するように巨額の資金が、失敗に直面して過ごしてきた。 動きを言ったとパキスタンの国防専門家タラート。マスードの言葉を引用し「ドイチェ·ヴェレは、「米国はベルが正確に鳴る誰が為に「パキスタンは失敗したアフガニスタン スケープゴートになりたかったよりも?「パキスタンの「全国紙」の質問と答えが言うの何物でもありません 今日は大量破壊兵器が見つからなくなるまで、「あなたは(米国を指す)。「報告書は、ワシントンは、イラクが大量破壊、イラクに対する軍事行動その後の武器を持って1990年代に、言った。 現在、米国時間は変更されていることを認識しなければならず、ホワイトハウス、国務省と国防総省はその後「バック石器時代にパキスタンを爆撃」と脅しIWC激安 たが、持っていない一方的な後に米国でビンラディンを殺した 今日パキスタン新聞」分析とても便利 更なる増加に似一方的な軍事行動をとる可能性。 パキスタンによると、「ビジネスニュース」は26年9月26日にパキスタンハーリド·ラーマンの航空偵察パトロール政策研究所を増加させながら心に留めて、パキスタン空軍は、赤の駐屯地状態に入ったことを報告し、記者団に語った、 現在、パキスタンが米国に直面する能力を持っていませんが、米国がパキスタンに対する軍事攻撃を起動するために軽率ならば、イラクが180万人の人口を有し、パキスタンはイランの8000万人口は30万人、シリアの人口の2300万ではありません。 関係は岩の底を打ったが、常に完全な崩壊を避けるたが、第二次世界大戦以来の記事の最大の危機は、米国は「米国とパキスタン行き詰まり、点滅する最初の?」と題した「ヒンドゥスタン·タイムズ」にキャッチされる短期的には、述べています。 イギリスの「ガーディアン」は、米国、「Haqqaniネットワーク」を開催投機に対処する方法について多くのことが、一部の人はパキスタン北部ワジリスタンの空爆の軍事力は、一部の人はアメリカの特殊部隊は、この地域に送られたと思いますが、大きな可能性があることを考えることを報告 ほとんどのアナリストは、少なくとも今のところ、軍はそれを行うことはありません、と信じています。 パキスタン米Dazui張の後ろに、実際には、双方が少なくとも今のところはまだそうである、互いの必要性を認識している。 相互非難の先端に、軍の将軍マティス月24日陸軍参謀Kayaniパキスタンを訪問した。 パキスタン首相Gilaniが言ったように:」アメリカ人が私たちを我慢できない、行っておりませできない」、そのため

9月 n級IWC インジュニア コピー26日に報告されたアメリカのニュースサイト「グローブ·アンド·メール」マレンはパキスタンでMengpiたが、インドで多くのファンを獲得しています。 インドの「真昼の決闘」はその後、1990年代と2000年代初頭にインドの外交官の仕事を笑わせなければならない 怒っマレン」を聞いた後、と述べた。 それは10年間、イライラさせられる、パキスタンは成功し、低コストで、インドは出血にするゼロリスクの道を「ジハード」の組織を利用した。 ちょうどその時、世界の認識、パキスタンの中で最も重要な同盟国として米国の 9.11嘘へのアクセス権を持つインドの経済発展。 インドは常にパキスタンの諜報機関は問題があるし、今全世界がようやく明確に持っていることを言っているので、米国パキスタンDazui張インド外務大臣クリシュナニュースを聞いた後、さらにその「幸せ」を認めているというインドの位置のための重要な傾向、 現代国際関係の専門家をmaccabees力の南中国研究所、インド、パキスタンは敵であることを記者団に、米国とパキスタンの関係は、インドのために硬くなって対戦相手はアメリカの圧力を受けているので、「良い」である、それはより多くの努力をすることはありません インド。 ワシントンDesslerは、理由のインドとパキスタンの間で、従来の戦争の恐怖に対抗するためには、米国、インドとの軍事関係を放棄することができない場合があり、アフガニスタンで自分を制限するために言ったと伝え第26回軍事学校の専門ロシアの新聞「インディペンデント」 影響。 「(ケースWO)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ロレックス偽物
読者になる
2014年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像ロレックス
» ロレックスは鉛集団大きな価格上昇を見 (2014年03月28日)
アイコン画像MCMバッグアウトレット
» 私は、世界で唯一の遅い歩行を買う可能性がある場合IWC (2014年03月05日)
アイコン画像楽天ヴィトンコピー屋
» 昆崙Antika帆船シリーズドリル表 (2013年09月17日)
アイコン画像rakutensuper12
» 昆崙Antika帆船シリーズドリル表 (2013年09月17日)
アイコン画像シャツ 通販 メンズ
» 新しいアテネ表El Toro限定版万年暦腕時計の紹介  (2013年09月04日)
ヤプミー!一覧
読者になる