札幌雪祭りの画像配信
2008.02.10 [Sun] 16:20

【無料記事】第59回札幌雪まつり
第59回札幌雪まつり開催中!
http://maglog.jp/hokkaido21/Article256079.html
札幌雪まつりレポート パート1
今日は、雪祭りに行ってきました。 ワンを楽しみに来てくださっ...
http://melopan.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_5aa7.html
さっぽろ雪まつり
再び「さっぽろ雪まつり」大通会場へ行ってきました! 1292 「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」. 1295 「守りたい地球、子供たちの未来」. 1296 「がんばれ!コンサドーレ札幌」. 1300 「札幌停車場(旧札幌駅駅舎)」 ...
http://momonoshizuku.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_45d8.html
札幌駅のコインロッカー(雪まつり中)
最終日にさっぽろ雪まつりに行きます。 午後1時過ぎに札幌駅に着くんですが、 荷物(ボストンバック)をコインロッカーに入れて雪まつり(大通り会場)に行きたいと思っています。 札幌駅のコインロッカーは雪まつり中は空いてないでしょうか? ...
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3758442.html
札幌雪まつり・・・日帰り・・
Snow1 Snow2. 水曜日に日帰りで札幌までひとっとび!雪まつりを見てきました〜。 朝東京を7時半の飛行機で出発して新千歳空港はマイナス14度!!電車で札幌まで行き、10時半頃にはマイナス4度の大通り公園を歩いていました。噂には聞いていましたが ...
http://tomxsam.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_0763.html

 

子供 長靴の画像配信
2008.02.09 [Sat] 13:29

長靴を買ってもらったこどもたち
ジャブジャブジャブジャブ・・・わ〜い まるで 新しい長靴を買ってもらった子供のようだよね 9歳 ボクは水溜まりは歩かないよっ! でも雪ならおまかせ〜 ボール投げて〜っ(^○^) と やる気満々のブルーさん.
http://blog.so-net.ne.jp/animalindex/2008-01-29
個性派?野生派?今年の冬、チャンスです。
だけど、長靴。 雨の日OK 。 雪のOK 。 ブーツと違ってすべりにくい。 凍みてこないw 雨や雪の日だって、お洒落にって思うでしょ? ネオはコーディネイトしやすいように、 茶色の一見ブーツみたいな長靴です。 普通の長靴に比べたら、 ...
http://ameblo.jp/neo1994/entry-10070423867.html
hunter 長靴の壁紙配信
長靴昨年末、ユナイテッドアローズGLRで見つけた長靴・・・。セール価格だし、サイズもぴったり(ののは小足22センチなのよ)雨の日や雪の日にちょうどよいかも・・・と購入。・・・ゴムで出来た「ゴム長靴」なのだけど・・・・とっても履きやすいし、 ...
http://yaplog.jp/iopttrwfs/archive/9
バーバリーの長靴
本日は、珍しくカールアップにしてもらいました. ドレスはピンク〜. なんだか元気になっちゃう色・・・. そして・・・むふふ. 嬉しい事にやっと活用できる時がきた、このレインブーツ様! バーバリーです. だけど・・・ ...
http://ameblo.jp/mayu0902/entry-10070381371.html
クロックス 長靴
スクールに参加させますが、父&母はスキースノボにまったく興味がなく長靴にジーパンで行く予定です。入場した後、時間つぶしをした方はいますか?どこで?どうやって?これはNG!これはOK!など いろいろ教えてくださいませ。(続きを読む) ...
http://blog.livedoor.jp/akkradxm/archives/704547.html

 

ヨシモト∞の画像配信
2008.02.08 [Fri] 14:04

マイナス10度、寒くないです
先日(3日)の雪のことを、何人かにメールで、 “いやー、寒いですよ。都内も雪降って昼間でも氷点下かな?” と送ったところ、. 北陸出身の某女より3センチの雪? それ雪じゃないです。 氷点下? あったり前でしょう、冬は? ...
http://capacamera.cocolog-nifty.com/shiki/2008/02/post_6e4e.html
ホテルでの過ごし方(実践編)
灘高60回生の卒業式が行われました。卒業生の皆さんと保護者の皆さんはご卒業おめでとうございました。とても素晴らしい卒業式だったと思います。 4月からの進路がまだ決まっていないので落ち着かないとは思.
http://blog.kimu-tatsu.com/archives/358
掛け持ち
今日は病院を2つ行った。 本当はいけないけど、薬を貰いに行った。 結構な数の患者さんが居たのにあっという間に消えてしまった。 そして、いつもの病院。 私は毎回診察のときに何を話したか覚えていない。 それだけ緊張しているのだろうか。 ...
http://superstar0501.blog98.fc2.com/blog-entry-22.html
ダンボール製棺(ひつぎ)を選びたい?
葬儀でもエコを。火葬での灯油量が約半分、有毒ガス発生も約3分の1になるというダンボール製の棺も登場。将来、あなたはダンボール製棺を選びたい?
http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/quiz/quizvotes.php?poll_id=1809&qp=1&typeFlag=1
CMで新垣結衣が結成しているお笑いコンビ名は?
ポッキーのCMの中で、新垣結衣が結成しているお笑いコンビの名前は次のうちどれ?
http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/quiz/quizvotes.php?poll_id=1810&qp=1&typeFlag=3

 

アジア予選を動画配信!日本対タイ
2008.02.07 [Thu] 14:57

起承転結のまとまりがなく、終始、何がいいたいのかがわからなかった。 著者のサッカー哲学については、理解できるような気もするのだが、 これを本にしたところで、果たして読者にとって訴えるものがあるだろうか? むしろ、著者の体験談として読んだ方が、まだマシな気もする。 著書の帯には、「サッカー論を超えた画期的日本人論」とあるのだが、 ほとんどサッカーに関することにしか言及されてないため、 実生活に行かすというようなことは、到底無理な話である。あるコラムで、ビジネス本としても活用できるように書いたというようなコメントが載っていたが、内容的にはサッカー論以上のものを感じ取ることはできなかった。ただ、同じコラムの中で、オシムの本当に言いたいことを知りたければこれを読んで欲しいという著者のメッセージは伝わってきた。それはサッカーの本質であり、永遠の課題でもある。趣味とはいえ、サッカーを愛好する者として示唆を受けるところは多かった。日本のサッカーについて考えるには一度目を通しておいて損はないと思う
 

羊水発言謝罪を!動画でお届け!
2008.02.07 [Thu] 14:54

全体的にどうでも良い曲にどこかから拾い集めてきた詩を歌っているといった感じです。 歌唱力はそれほどありません。 唯一恋の魔法はシングル曲ですが、関西弁をうまい具合に歌詞にできたなということでプラス0.5点。 質は悪いが全曲PVのDVD付きということでおおまけにまけてプラス0.5点といったところか。 正直このアルバムが売り上げ1位なんて、日本の邦楽の未来が危ぶまれます。 あと、シンガーはイメージも重要です。 自ら頭の悪さを宣伝してもなんの得にもなり非常に歌手としての質が落ちた仕上がり。 なんだか鳥肌が立つような歌詞の陳列。どこが女の子の気持ちなのでしょうか? 自分の気持ちだけを歌っているように聞こえます。ポエムでも聞かされたようです。 歌手としての仕事してください。自分にだけ唄うならカラオケ行って歌ってください。 キツイこと言うようですが作詞家さんにお願いしたほうが良かったのでは? まだ前作の方が良かったな〜… なんか日に日に何がしたいのかよく分からない歌手になってきてますね倖田さんません。
 

チャリLOTOで当選する方法!
2008.02.07 [Thu] 14:51

著者自らの目で見てきた多くの格差の実態や様々なデータを用いて、自治体格差について非常にわかり易く書かれた本だなと思いました。自治体格差について詳しくない人にとっても受け入れやすい本だと思います。また、様々な格差及びその例を挙げているにもかかわらず、その分析もきちんと行われていて、非常によくまとまっていると思いました。これらの自治体格差を分析し、よりよい地域、しいてはよりよい国にしていくために、国、企業、国民がそれぞれ何をすればいいのかについても触れていて、自治体格差に関心ある人だけでなく、関心ない人にもぜひ読んで欲しい一冊ですね。非常に読む価値のある本だと思いました。
 

スーパーチューズデイ注目の動向!
2008.02.07 [Thu] 14:49

日本は一億総中流社会である…このことはもう過去の幻想にすぎないことを、この本によって知ることができました。 この本では、いわゆる「勝ち組自治体」と「負け組自治体」の例を取り上げ、それぞれがなぜその状況になったのかを歴史的背景、地理的背景等、様々な視点から分析されています。そして、「模索する自治体」として、自治体の取るべき策のヒントも示されています。 「自治体」というと何か専門的でとっつきにくいイメージがありますが、この本は違います。まず、分析の内容が身近であり、非常にわかりやすいことが挙げられます。また、この本の特徴として、写真が多く視覚的にもわかりやすいということです。 そして分析の結果を踏まえて、自治体間格差の是正のために我々が何をしなければならないのかが問題提起されています。自治体の問題は行政だけの問題ではなく、企業、そして我々住民の問題でもあります。ぜひ多くの方にこの本を読んでいただいて、日本の「今」を考えてほしいです。
 

期待される!?橋下知事
2008.02.07 [Thu] 14:46

まず、タイトルに惹かれて手に取る人も多いだろう。 その後読み進めるにつれ、詳細かつリアルなデータに基づく各自治体の現状に目を見張るだろう。 内容は最近話題になっている格差社会を自治体という観点から見てみようぜ!という感じ。 1.拡大する地域格差 2.勝ち組自治体? 3.負け組自治体? 4.模索する自治体 5.新潟から見た格差 6.中央と地方、対立か、それとも共存か という構成。2と3に?が着いているのは勝ち負けを現在の財政状況で見ているからと考察する。 2〜4では全国9つの自治体を取り上げており普通に知識としとしても勉強になる。 全体として至極まっとうなことを主張している。 自治体格差解消のために各自治体の姿勢として、 「人まねでは地域間格差の解消などできない。」 「大切なのは、地方が新たな取り組みにチャレンジ出来るような環境を国がバックアップすることである。」 ということを言っていて、当たり前だけれどその通りだなぁ、と感じ、その当たり前が出来ないこの国、さらに各自治体の現状に疑問が募るばかりである