娘たちの結婚式の素晴らしさと記念写真からの微笑み

June 19 [Wed], 2013, 9:53
今年6月、私の娘が結婚しました。


今、娘のお腹には2人の結晶のジュニアが5ヶ月に育っています。


来年の4〜5月には私はおじいちゃんになってしまいます。


うれしいような気恥ずかしいような複雑な気分です。


娘ら夫婦の結婚の様子を思い出してみますと、ホテルウェディングではありましたが、自分たちの手作り部分が多く、私たち夫婦の想像していたものより遥かにフレンドリーで温かみのある結婚式でした。


新郎新婦が座るべき高砂の席などはなく列席者と同じ高さに2人のテーブルがあり、手作りのウェディングケーキに2人でナイフを入れました。


海辺のホテルでしたので窓からは海の眺めがすばらしく、本当に良い結婚式だとしみじみ感じました。




記念写真は結婚式終了後、立派なアルバムが送られてきました。


しかし当日の画像などはデジタルカメラで何枚も撮影して、最終的にはUSBで渡してくれました。


好きなものを自分で印刷してくださいということなのでしょう。


また当日、和装でのお色直しでは行わず、およそ2ヶ月ほども前の4月に、花々の咲き誇るガーデンで「前取り」としてあらかじめ撮影をしました。


これも最近では普通に行われているそうです。


自分たちの結婚式のあわただしさと比べましても、ゆとりのある手作り結婚式はいいものだと改めて感じました。


今、娘のいなくなった私の家では両家の両親と娘夫婦の写った記念写真がテーブルの上から微笑みかけています。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wwaus1
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
http://yaplog.jp/wwaus1/index1_0.rdf