男性ホルモンが酵素の働きによって作り出されます

August 07 [Wed], 2013, 9:46
ノコギリヤシが注目されています。最近、日本で聞くようにはなりましたが、ノコギリヤシのサプリメントとしての歴史は案外古いものです。ノコギリヤシは、ソーパルメットとも呼ばれ、北アメリカ南部に広く分布する植物です。もともとは、、北アメリカに住むインディアンや移住者たちの間で強壮剤として利用されており、近年になって、アメリカやヨーロッパにて利用されるようになりました。ノコギリヤシが利用される効能や効果としては、育毛、発毛、男性の精巣萎縮、前立腺炎、前立腺肥大、夜尿症、母乳の分泌を促進、かぜ、上気道カタル、喘息など、最近では、多岐にわたっています。日本では最近話題となっていますが、その効果は世界で認められているものです。


ノコギリヤシの効果をもう少しくわしく見ていきましょう。ノコギリヤシは、男性特有のある酵素の働きを阻害します。前立腺の肥大は、ジヒドロ・テストステロンという男性ホルモンが増えすぎるために起こるといわれています。そして、このジヒドロ・テストステロンは、テストステロンという男性ホルモンが酵素の働きによって作り出されます。男性は、年齢とともに、このテストステロンをジヒドロ・テストステロンに変換するスピードが速まります。この速度を、ノコギリヤシが阻害し、結果としてジヒドロ・テストステロンを現象させることにより、前立腺の肥大の原因を防ぐという仕組みです。


こちらもチェック→


ノコギリヤシはこのように体に影響を与えるものであるため、心配なのが副作用ですね。しかし、ご安心ください。ノコギリヤシは、副作用がほとんどないようです。ごくまれに胃の調子が悪くなることがあるようです。通常は、影響が全くないようです。また、他の薬との相互作用も確認されている事象はないようです。試してみて、異常が全く感じられず、緩和したい症状が治るのであれば、毎日飲んでも問題ないでしょう。1日に摂取する量の目安は、約320mg程度といわれています。飲み始めてから、効果が現れるまでには、4週間〜6週間ぐらいかかかるようです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:そあ
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ww23e/index1_0.rdf