なんとなくみじめで恥ずかしい失業保険

May 28 [Wed], 2014, 10:35
私はリーマンショックの時に派遣社員をしていたので失業し、失業保険をもらう事になりました。
当時とにかくハローワークが混んでいて、失業保険をもらう手続きをするだけで3時間ほどかかり、本当に大変な思いをした思い出があります。
失業保険をもらう時に私が感じたのは、何とも言えない『みじめさ』と『恥ずかしさ』でした。
普通に冷静に考えれば、自分が働きつつ支払ってきたお金をもらうだけなのですが、何となく『働いている』ハローワークの人から失業保険に関する連絡事項を受けることがみじめな感じがするのです。
それはいた仕方ないことだとは思うのですが、失業時はそのように思いました。
また、指定された期間内に指定された回数の就職活動をしなくてはならないのも大変でした。
当時、求人が少ない中、なかなか就職活動と言われてもできないのが現状だったので、ひとまずハローワークの方との面談をするのですが、ここでも待ち時間が3時間以上で本当にきつかったです。
こんな世の中の非常事態の時ぐらい、もっといつもとは違ったルールにして欲しいと心の底から思いました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あきぽん
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wvfw8263/index1_0.rdf