シェーナウの想い☆

October 30 [Tue], 2012, 4:32
先週、六甲でKaoruさんたちが上映してくれたドキュメンタリー。
シェーナウの想いが、すごくおもしろかったので、予告やメッセージをYouTubeで検索してみると、なんと、本編も途中までpされていました。
たくさんの人に見てもらうのが目的という作品のようなので、ご紹介します。
内容を知りたくない方は、直接動画へGOfeatureghistこれは、チェルブイリ原発の事故をうけて、エネルギーの重要性に目覚めたドイツ南部の小さな村シェーナウの住民が、みんなで自然エネルギーだけの電力会社を作り、その電力をドイツ中に売ることになったという、夢のような現実の決断と苦労とひらめきの物語。
やはり1番おもしろかったのは、巨大な資本でごりおししてくる電力会社原子力ロビーのこれでもかという攻撃に、全然めげないシェーナウの人々のガッツでした。
いやめげるんだけど、立ち直っちゃうんですよ住民投票の朝に、村の全家に、ハートにYESと書いたパンを配ったり。
笑イタズラのような、エスプリのきいた作戦の数々で、何度も接戦を勝ち残る。
オークションちゃんねるしかも、みんなすごく温厚でのんびりした、どこにでもいそうな田舎の人たち。
この楽しいパワー。
どこから沸いてくるのかなぁもちろん専門的なこともみんなでセミナーを開いて勉強もされてました。
イイねそして次第に、このことがドイツ全土に知れわたり、応援してくれる人がたくさん現れていくピンチの時には、フランスの女性から200万円以上の寄付がよせられたり、メもとで頼んでみた広告代理店が無料で新聞広告を作ってくれたり見終わった後、やっぱり、何事も最初からあきらめていたらメなんだなぁ。
という思いが頭に浮かびました。
アタリマエのことですが、人間が何かをする時って、心理的な方向性がすごく影響してくるもの。
そういういう心の動きも、とても身近に感じられると思います。
日本も、市民がどんどん法改正を求めていけば、送電線の利用権や白n法など自然エネルギーへのシフトはまちがいなく加速されていくと思います太陽光パネルは何年かしたらアタリマエの家電になってるんじゃないかなでもそうなると電力会社は困るから、圧力もぱんぱじゃないんだろうね。
こちらは早く悟って、自然エネルギーや地産地消のエネシステムでも考えてくれたらイイのにな。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wuwilbzu77
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wuwilbzu77/index1_0.rdf