離れている君 心の空腹 

2006年01月06日(金) 15時34分
離れてるって寂しいことなのかな?
電話でしか話せない・・・けれど君の声からはちゃんと温もりを感じるよ?
離れてるって怖いことなのかな?
君を信じてる・・・けれど君が傍にいない時の自分に不安を感じるんだ

空腹の時に食事をしたらとても満たされた感じがする・・・同じなのかな?
久しぶりに見れた君の笑顔は空いた僕の心をすぐに埋めてくれる

いつでも傍に居てくれれば心に穴は開かない
けれどそれだと大切な気持ちを忘れてしまいそう・・・・
手に入れたくても叶わない・・・そう・・・そんな時
いつだって君を求めているからこそ君が素敵に見えるんだ

僕が君に行ってらっしゃいを言えるのは
きっとまた君のただいまが聞けるって信じてるから
どんなに長くても・・・
時と心の空腹と共に君に会えるときは近づいてる
またおかえりって言えるようにその笑顔を見れるように
君を待っているね



・・・・・・でもやっぱりいつも一緒にいたいかなw

透明な手を 

2005年04月04日(月) 15時25分
溢れゆく涙で溺れる君を
僕は救うことができない・・・・
いくら君の手を掴もうとしても
通り抜けてしまう透明な手

透明なのは何も知らないから
その涙のわけを知らないから

何も知らずに助けだそうとする僕を
透明な手が抑える・・・この想いを・・・・

苦しむ君をただ見つめることしかできない僕
何も話さず孤独する君
教えてくれるまで君を僕は見続ける
この透明な手を透かして・・・・

どうしよう・・・ 

2005年01月22日(土) 23時25分
先輩に今度サイトを見せることになってしまった・・・
「最近サイトの更新が忙しくって」なんて事言ってしまった俺のバカ^^;
詩自体もそこまで上手くないんだけどなぁ・・・・
てか大分恥かしい物もあるし(−ー;)
ハァ・・・どうにかならないものか・・・・orz

悲しみ無き幸せ? 

2005年01月21日(金) 19時15分
涙はなぜ出るのだろう・・・
願い叶わず朽ち果てた夢のせいか
求めた物を授けられなかったからか

苦しみはなぜ生まれるのだろう・・・
この肉体に傷がついたからか
言葉が心を切り刻むからか

切なさはなぜ心に残るのだろう・・・
後悔があるからか
君を失った事ことか

悲しみの後の幸せとはどういうものだろう
新たな夢・耐え抜いた身体・次の恋人・・・・・
忘れられない夢があり 残った傷跡があり 君との思い出がある

悲しみの無い幸せ・・・
いつ見つかるのか
いや 存在するのだろうか
自分に問いかけながら・・・
今日も・・探しに行く・・・・・・・

闇の中で君を 

2005年01月18日(火) 21時10分
捧げる物は何か・・・この自分自身に・・・・
歩き・・・立ち止まり・・・そして走り・・・・さまよい続ける
見つめなおす余裕も無く・・・ただがむしゃらに・・・・・

時折見つける君を・・・またすぐに見失って
何度叫んだかわからない声をまたこの空間にこだまさせる
胸に空想の温もりだけを抱きしめ
また孤独の闇をさまよい続ける・・・・

君という光を求めて・・・
何度も・・・・何度も・・・・さまよい続ける・・・・・・
真の温もりを抱きしめたらどんなに安心するのだろうか
その光をこの手にしたらどんなに眩しいのだろうか・・・・

それまで何度でも俺はこの闇をさまよい続ける
君という光を求めて

沈ンデモ再ビ日ハ登ル 

2005年01月08日(土) 16時41分
泣いている・・・
言葉に心が犯されて・・・
愛しき人をなくして・・・

けれど絶えず僕らは動いているから
この世界と共に動いているから
雲は去り雨はあがり太陽が顔を出すように

暗い夜空も時が経てばまた青空へと変る

笑っている・・・
言葉に心が癒されて・・・
愛しき人との思い出に浸り・・・
そして時が過ぎていく・・・・

休んでてすみません 

2005年01月08日(土) 16時14分
え〜と、誰も見てないだろうと思ったら実は見てくれてる方がちゃんといたみたいです^^;なのにかなりの間休んでてすみません。
これからはまた詩を書いていきたいと思いますのでこれからもよろしくお願いします。

この夜空の空間で・・・・ 

2004年10月27日(水) 18時04分
日が沈み・・・辺りは静まり・・・聞こえるのはただ風の音だけ・・・

子供が笑い・小鳥はさえずり・ベンチのカップルが面白そうに話している
そんな昼の光景も・・・全てが変り・・・・まるで違う場所にいるようだ

あの眩しい光は何処だろう?あの楽そうな声は何処なんだ?
ただボーっと・・・・夜空を見上げる・・・・・
金色の星々が 俺をそっと・・・・見ている・・・・

星は何も言わない・・・・・けれど
何かを感じることができたような・・・・そんな・・・気がした・・・・

空は広いものだった
友は楽しいものだった
恋人は優しいものだった
親は嬉しいものだった
そして・・・そんなこの星は美しいものだった・・・・

そう・・・感じたんだ・・・・
この 夜空の空間で・・・・・・

君を望んで 

2004年10月23日(土) 16時50分
失って気づく感情・・・
なぜ今になって気づいたのだろう?
手を交差させ・・・唇を重ね・・・
互いの体で温もりを感じたあの頃・・・・・
居て当然・・・僕の目の前にいるのは当たり前の君
けれど君は・・・ロウソクの火のように
ふと僕の前から消えていった・・・・
時は戻せない・・・・ならば・・・・
君だけでも・・・戻す事はできないだろうか
春夏秋冬今日もまた
    君だけを望んで・・・・・・・

今回も無事完成^^ 

2004年10月22日(金) 21時50分
更新が遅れたけど、なんとかまた書く事ができました^^
今回の詩はほんの少し長めです・・・・
みなさんの道はどんな道なのでしょうか・・・・?
物足りない道・幸せな道・ハラハラドキドキのスリルたっぷりの道♪
それは誰にもわからない、けれど君が生きてる限り
その道は無限に広がっていく、だからほんの少しの不幸で諦めずに
次は必ず幸せの方向へと歩けるはずって考えたほうが
きっと楽しく歩めるはずだよねЖ
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アナタからの声
アイコン画像朝輝
» う〜ん・・・・・ (2005年09月24日)
アイコン画像
» 悲しみ無き幸せ? (2005年04月01日)
アイコン画像§ナイツ§
» う〜ん・・・・・ (2005年03月12日)
アイコン画像さくらっぱ
» う〜ん・・・・・ (2005年03月12日)
アイコン画像§ナイツ§
» う〜ん・・・・・ (2005年01月21日)
アイコン画像トンミェン
» う〜ん・・・・・ (2005年01月20日)
アイコン画像§ナイツ§
» う〜ん・・・・・ (2005年01月16日)
アイコン画像トンミェン
» う〜ん・・・・・ (2005年01月15日)
アイコン画像ヒロ
» う〜ん・・・・・ (2004年10月21日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wurger
読者になる
Yapme!一覧
読者になる