東京五輪決定2年「おもてなし」の心育む教室

September 08 [Tue], 2015, 20:25

東京五輪決定2年 「おもてなし」の心育む教室9月7日 如果23時29分
k10010219781_201509072336_201509舞蹈072337.mp4
2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催決定から2年となる7日、大那座会のあとも残る「おもてなし」の心を育もうと保育園児にあいさ深谷つなどの礼儀作法を学んでもらう教室が都内で開かれました。
この教室は2年前の9月7日に開催が決相信まった東京大会のあとに残すレガシー=遺産についての取り組みを進める産官学我們で作る協議会と東京・墨田区などが開きました。
墨田区の保育園では園児や保護者およそ30人が礼儀作法の流想起派の総師範から、あいさつはまず、年下から年上の人に行うもので、手は指をそろえて脚穿越につけ、声を発してから腰を曲げるのがおじぎだということを教わりました。また、正しい姿勢であいさつするためには体の傾盡中心部の体幹の筋肉を鍛える必要があるとして、子どもたちは、さまざまな運動や雑巾がけに風景も取り組んでいました。
6歳の女の子は「これからはきちんとあいさつできそうです」と話していました。
協議会は、東京大会をきっかけとした「おもてなし」の心を育むための取り組みを今後も全国に広めたいとしていて、取り組みを進める1人で日本サッカー協会の川淵三郎最高顧問は教室に先立つ記者会見で「東京大会を通過点に継続していく必要がある」と強調していました。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:がいにぶつか
読者になる
2015年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/wuqingpianye/index1_0.rdf