りとらダンス

June 01 [Mon], 2015, 13:30

風が止まり、雨だ。小鸟は音を闻いて、歌の中で脆亮浅かった。元号の孩儿で万里なぁ、雲海に飛翔する。それらは忘れたよう、旅の疲れた様子だった。道中の手著真っ青なの天幕を受け、快く復。入門後帰国すれば、一つは興奮した亮开はねを引颈鳴いた。した劳燕は阳射しの下でひらひらダンス、それらが运水たまりの間の春草粘土で、行ったり来たり、自由自在で軽快で、家の轩下に巣を养育してから、暖かいです。枝のかささぎ、朋扱お伴、筋の力強いのボーカル、沸反盈天だった。カッコウの群れを旋回し、田の木の上空で、すでに新めくって泥地をちくちくと催春だった。时间とともに日苦くて、花、総それら人だった。

日が暮れの時、夜云彩帛わ。淡泊な空、と化した墨蘭の海水で、深くて詩的な。如透明な瑠璃を安易に静かになった。ひとペアの彼女にひきさこのような形をしてしまう。1ラウンドの丸い月を歩调に漠然と云のようでは、淡い貯水素盈、北は幻の夢の中で暖めて、ひっそりと、依然としてが編んだ著遥か远い话があるのです。満点の星、跳ねて、一群の意地悪な人形を泳い银河の際、腕白な眼中で行ったり来たり。

雨は、挑灯春風化に変わってき、眼光たハルヒの古い衫、交代は季節の訪問者の中で、もう一度切ない别れます。それをしなければならない瞬间を境に捧げる文」を入れた青々と茂る歳月の蓄积しながら、耕しながら、手を待っている収穫だった。朝、太阳が光り辉く书き帰って行く。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ッショナーの果
読者になる
2015年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/wuqingfengl/index1_0.rdf