渕上でCook

June 22 [Thu], 2017, 22:26
私は花粉症になってしまってから、乳酸菌サプリなどを取り入れるようになりました。

二年前から花粉症を発症し、延々とくしゃみや鼻水が止まらなくなりました。

お薬を飲むことはしたくなかったので、この間、テレビで紹介していた乳酸菌サプリを試しました。



今は、これにより花粉症の症状が軽くなっています。うんちがでなくなると、体の中にあってはいけないものが体外に出ないため、口臭が感じられるようになります。
どのように毎食後歯ブラシをして、フロス、マウスウォッシュで口の中を清潔にしても、口臭は腸から胃を伝わって不要なものを出そうとし、口が臭い結果となるのです。

この場合、便秘が治ると、口臭もしらずしらずのうちに無くなると言われています。ずっと先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、子供の頃は、「親から虐待されてるんじゃないか?」と言われる程、痛ましい見た目でした。

ありったけの方法を試してみても、効果を全く感じなかったのに、別の場所に引っ越したところ、直ちに肌がきれいになり、痒みもなくなりました。スパッと環境を変えてみるのも、アトピーに効くかもしれません。

アトピーを改善すると噂されている入浴剤をサンプルで頂きました。
どんなものでもそうですが、試しに利用してみないと効果が分からないものです。

その入浴剤はとても皮膚に馴染んで、思っていた通りの印象でした。
ヒリヒリする事もありませんし、皮膚がつっぱる事もなくて、潤いをよく保ちます。
便秘のツボでよく知られているのは、おへそから両側に指2本分程離れた場所である天枢(てんすう)であります。

他にも、おへその下5cmくらいのところにあるふっけつというツボも良いと思います。


手の近くには支溝(しこう)と外関(がいかん)と、いうツボがあります。


色々なタイプの便秘によっても、効果的なツボは違うので、自分に合ったツボを押すことで改善できやすいでしょう。
アトピーの角質層はセラミドという成分が通常の皮膚よりも少なくて、肌の水分を保つ力やバリア機能が減っています。これを補足して正常な状態に近づくようにするには、保水保湿が大変大事です。
それ故に、お肌を守って、水分が蒸発しないように保湿剤を使用が必要なのです。
一般的に便秘に効く食物は、乳酸菌が含まれた、発酵食品等です。


頑固な便秘の人は、うんちが固く腸内に溜まった状態に至っています。この状態を改善して、便を出やすく柔らかくするため、まず、水と食物繊維を摂取しながら乳酸菌で腸内を整えるのがいいでしょう。わたしの母は重度のアトピー患者です。
遺伝してしまったみたいで、アトピーになりました。肌が荒れてしまって、日々保湿を欠かすことができません。お肌のスキンケアを怠ってしまうと、外にいくのも難しいのです。

母のせいではないですが、私の子供に遺伝してしまったらと思うと、悲しい気持ちになります。
実はインフルエンザの予防ために乳酸菌が効くといわれています。
大体1年くらい前に、番組で小学生に乳酸菌が多く含まれているヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザになる児童の数が大きく減ったという番組がありました。娘がちょうど受験の時期だったので、それ以来、ずっとヨーグルトが食卓に並んでいます。特に乳酸菌が腸まで届くという謳い文句のヨーグルトが最もいいそうです。ご存知の通り、アトピーの改善には食べ物も有効です。


効果的な食事を意識することで美しい肌になることができると思います。胃腸などの消化器官を調整して免疫力に影響がある成分としてヨーグルトや大豆食品といった食品をできるだけ、バランスよく食べるとアトピーの改善に効き目があります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Miu
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wupre29tyokex9/index1_0.rdf