染毛剤について

April 01 [Tue], 2014, 6:05
ヘアカラーリング剤には、医薬部外品に分類される染毛剤というものがあります。

染毛剤は毛髪内部の色を変えるもので永久染毛剤と脱色脱染剤に分類されます。

永久染毛剤はいわゆる酸化染毛剤、脱色脱染剤はブリーチのことです。

いずれも毛髪内部に薬液を入れて毛髪が本来持つメラニン色素を破壊するもので、永久染毛剤はさらに別の色を発色する薬液が含まれているという違いです。

薬液を毛髪内部に入れるために、アルカリ剤を使って毛髪を膨潤させ、キューティクルを開かせる作用を持つため、もろく、痛みやすくなっています。

メラニン色素の破壊という作用も含めて、ダメージは避けられないカラーともいえるでしょう。


■一押しのサイト

秘密の節約美容術!

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:れん
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wu51bjbr/index1_0.rdf