刺激に敏感である

March 17 [Sun], 2013, 4:02
あんなに幸福感多くで始まった恋愛も、過ぎ通うシーズンにあわせて色合いあせて行き、今では別れた方がいいのではと感じてしまいますということは、これは人の悲しい性だったりします。



みな様は刺激に敏感である一方で、同じということの繰り返しに飽き易いありのままは結構否定しにくい。



ある程度の時間を経たカップルであれば、別れようとおもうということが数回かあっても、これは無論だったりします。ことろが、そうおもうということと、現実的に別れるということは別。



今回はほんとうに失敗しているということなく別れられるのか、現実的に挙動に移す前に証明したい3つの目安を披露していくでしょう。

あの原因は一時的なものではあるでしょう。



男女性ともに、別れを決意たときに一番多い外的な要因は、気に成る他の人が現れたということだとおもいる。



「今の彼よりもこの人と同じになればよりいっそう最高かも」とおもい悩むということはあるですし、またはあの他の人へのおもいが強くなった結論、不倫、あるいは不倫発覚等の障害が現れる場合もあるかとおもいる。



いずれにしろ、恋はピンチを迎えます。


刺激がほしい生活




こちらで思考るべきということは、あのピンチが一時的かどうかと言えます。雑誌稿では恋に悩むということを否定しないでしょう。言い換えると、相手がいて他の人との恋に悩むということはあっても、これはおかしなということではない。



大事なのは、直ぐに別れたりしないということと言えます。ちょっと腰を落ち着けて思考るには、時間が必需と言えます。即断では動かないのがたいせつと言えます。



気に成る人と出逢ってどれほどと言えますか?あるいは好意を自覚してどれほどと言えますか?あれでは、今のカレシと出逢った/好意を抱いた頃の、同じタイミングはどういった気分でしたか?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wu497g3i
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wu497g3i/index1_0.rdf